兵庫県三木市の情報をどんどん発信!三木市役所職員JJによるブログ。


by oniwabann
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

(5/16)テレビで放送されます 「三木 水の三景」

 「三木 水の三景」をテーマに、美嚢川沿いに広がるまち・三木から、様々な表情を見せる水の姿が紹介されます。

 日時:平成22年5月16日(日) 18:30~19:00
 番組名:週刊ひょうご夢情報 まがまち再発見のコーナー  
 放送局:サンテレビ
 (再放送:5月17日(月)18:30~)  
 ※放送時間・内容は変更になる可能性があります。
d0107394_1172915.jpg
 ↑黒滝(三木市吉川町金会)
 美嚢川を流れ落ちる滝で、落差4m、幅30m、雄滝、雌滝の2段に流れる広がりのある滝です。
 「万八狸とお万狐」の伝説が残っています。
d0107394_1174583.jpg
 ↑御坂サイフォン橋(三木市志染町御坂)    
 イギリス陸軍少将パーマー氏の設計により志染川の清流にかかる日本で最初のサイフォン(噴水管)橋で、明治24年に完成しました。
 山から谷を通って向かいの山へ水を運ぶこの疎水工事は、当時としては画期的な大事業で、1世紀以上経た今日でも立派な役目を果たしています。その姿から眼鏡橋としても親しまれています。
d0107394_1175782.jpg
 ↑窟屋の金水(志染の石室) (三木市志染町窟屋)
 志染小学校の西、窟屋大橋を渡って左の小道に入り、山の東裾を奥に進むとひっそりとした木立の中に、「志染の石室」と呼ばれる岩穴があります。
 この「志染の石室」には仁賢天皇、顕宗天皇となった二王子の伝説が古くから伝わり、「日本書紀」や「播磨風土記」にも記されています。
 それは、今から約1,600年前、第20代の安康天皇が亡くなったあと、皇位をめぐる争いが起こり、この争いから逃れた市辺押磐皇子(いちのべのおしわのみこ)の二人の王子、億計(オケ)王子と弘計(ヲケ)王子が隠れ住み、のちに弟の弘計王子が顕宗天皇に、兄の億計王子が仁賢天皇になられたと伝えられています。
d0107394_118728.jpg
 ↑清水の洗濯場
 100年以上も地域の皆さんに親しまれてきた「清水の洗濯場」の屋根の改修工事が平成21年9月6日に完了しました。
 この工事は、三木市が材料費を負担し、東播建設労働組合三木支部三木分会の指導のもと簡単な補修などを行うグループ「大工塾」、文化財の保存活用に取り組む建築士「ヘリテージマネージャー」、三木城下町まちづくり協議会、地元自治会(清水)の皆さんの協力(ボランティア)により、完成しました。
by oniwabann | 2010-05-14 11:26 | お知らせ | Comments(0)