兵庫県三木市の情報をどんどん発信!三木市役所職員JJによるブログ。


by oniwabann
カレンダー

企画展「藤本義一・芽子作品展・おやっこ展」開催中!

 今、堀光美術館(三木市上の丸町)で、企画展「藤本義一・芽子作品展・おやっこ展」が8月28日(日)まで開催されています。
 初日の8月14日(日)午前10時ごろ、藤本芽子さん(西宮市在住)が美術館に到着されましたので、お話を伺いました。
 芽子さんは、作家の藤本義一さんの次女で、現在はCDジャケットや本の表紙、挿絵などを描くイラストレーターとして活躍されています。
 小学生のころから絵を書くことが好きで、小さい頃は漫画家になることが夢。色の組み合わせや紙を切ったり貼ったりする技法で、創作家としての活動を開始し、1990年頃のグループ展を皮切りに、ギャラリーやデパートなどで個展を開かれています。ご本人は、「子どもたちは夏休み中であり、夏休みの宿題の参考になればありがたい。子供心が生きているところを見てください」と話されていました。
 一方、藤本義一さんは、午後2時過ぎに夫人とともに同美術館に到着されました。昭和49年に「鬼の詩」で第71回直木賞を受賞されたほか、テレビ番組の「11PM」の放送開始以来25年間にわたって司会を務められています。
d0107394_15354138.jpg

 義一さん夫妻は、「以前、三木には春頃に来たことがあるが、春を感じるとの談。作品を並べることに苦労されただろう。特に、作品から息遣いを見ていただければありがたい」と話されていました。
 このたびの企画展には、書、版画、油絵、アクリル画、フィルムコラージュ、布コラージュ、陶器など、義一さんの作品40点、芽子さんの作品60点で、合わせて100点が展示されています。なお、芽子さんの作品には、エスペラント語でタイトルなどが記されているのに驚きました。
d0107394_15362451.jpg

 また、同日美術館の2階に展示されている「階段」という作品は、大きな白地の3枚のキャンバスに黒色のアクリル絵具で階段が描かれていますが、立体感があり、迫力のあるすばらしい作品でした。
d0107394_15505696.jpg
d0107394_15365417.jpg

 ぜひ、この機会に堀光美術館をのぞいてみてはいかがでしょうか。
 展示期間:8月14日(日)~28日(日)
        午前10時~午後5時
 問 堀光美術館 電話0794-82-9945(休館日:月曜日)
by oniwabann | 2011-08-15 15:41 | お知らせ | Comments(0)