兵庫県三木市の情報をどんどん発信!三木市役所職員JJによるブログ。


by oniwabann

カテゴリ:健康( 40 )

三木市医師会から

骨粗鬆症の薬物療法
 前回、骨粗鬆症の診断に腰椎と大腿骨のDEXAによる測定が必須と述べました。今回は薬物治療のお話しです。古い骨は破骨細胞により吸収され、骨芽細胞により新しい骨が形成されます。このバランスがくずれるのが骨粗鬆症です。薬は大きく分けて2つです。ひとつは破骨細胞の働きを押さえる骨吸収阻害薬で、多くの患者さんに使われています。代表がビスホスホネートです。内服薬は週に1錠服用、月に1錠や毎日1錠タイプも有ります。起床時に服用し30分以上朝食をあけ、この間は横になれません。注射もあります。副作用は、長期服用により大腿骨が突然折れる非定型的大腿骨骨折と、顎骨(あごの骨)壊死です。抜歯部の露出した骨が腐り、感染症という説が有力です。1万人に数人とまれで、原則として治療を続け歯の処置を行います。さらに強力に骨吸収を阻害する新薬が、デノスマブという半年に一度(当院では医師が施行)の注射です。副作用は上記以外に低カルシウム血症が有りますが、血液検査で確認していれば心配無く、当院では150名の方に施行し安全性を確認しています。また、女性ホルモン剤がありますが、乳癌・子宮癌の発生に注意を要し、婦人科医が更年期治療として使います。これに対しSERMと呼ばれる女性ホルモン類似薬があります。癌の問題はなく骨にだけ作用し、軽度の骨粗鬆症に使われます。一方、骨芽細胞を増殖させる骨形成促進薬はテリパラチドという注射だけです。週に1回の医師による注射か自宅での在宅自己注射の2種類が有ります。1年半か2年使います。強力に骨密度を上昇させ、背骨の骨折(圧迫骨折)直後に始め早く骨を治すなどすごく良い薬です。ただ、他の薬の約10倍の費用と、一生涯に2年以内しか使用できません。その他ビタミンDなど有りますが割愛します。注射のほうが効果が有りますが、副作用に特別な注意、定期的な血液検査や腰椎と大腿骨のDEXAによる骨密度検査が必要で、専門の医療機関での治療をおすすめします。

山口整形外科  山口 高史 



三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2017-01-27 09:04 | 健康 | Comments(0)
 三木市では「ヘルシーウォーク~今より1,000歩あるこう運動~」を実施しています。
 ヘルシーウォーク講師(健康運動指導士)が皆様のもとへ出かけ、正しい「歩き方」や効果的な運動方法など一人一人にあった健康づくりをサポートします。d0107394_9325113.png

【日時】
3月末までの月~金曜(祝日など除く)
午前9時~午後5時の間で2時間程度(原則1回)
【内容】
自分でできる体調チェック、ストレッチ体操、正しい姿勢を実感、いざ!ウォーキング、めざせヘルシーウォーカー(ヘルシーウォークの紹介)
▶申込人数 5名以上
▶申込者で準備するもの
・屋内の部屋(ウォーキングができるスペース)
・講習中の事故などに対応するための保険などへの加入。
1カ月前までに申し込んでください。申込方法など詳しくは、下記まで問い合わせてください。

【問い合わせ・申込】
三木市健康増進課(総合保健福祉センター内) 
☎0794-86-0900



三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2017-01-25 09:33 | 健康 | Comments(0)
d0107394_9514060.png 寝たきりの方など、歯科医院への通院が困難な方で、入れ歯が合わない、歯や歯ぐきが痛いなどの症状があるのに我慢している方はいませんか。三木市では、歯科衛生士が自宅を訪問し、口の中の健康チェックや相談などを行う在宅歯科訪問を行うほか、治療の必要がある方には、訪問歯科診療を行っている歯科医師を紹介します。(訪問診療は保険診療になります。)
【対象】
40歳以上で外出や通院が困難な方
【費用】
無料

【問い合わせ】
三木市健康増進課 
☎0794-86-0900



三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-12-26 09:52 | 健康 | Comments(0)
 インフルエンザの予防接種を受ける費用が次の対象の方は無料になります。d0107394_10113589.png
【対象】
三木市内に住民登録し、接種日に①~③のいずれかに該当する方
①満65歳以上の方
②60歳以上65歳未満で、心臓、じん臓、呼吸器障害、ヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能のいずれかに障がいがあり、身体障害者手帳1級相当の方
③65歳未満で、心臓、じん臓、呼吸器障害、ヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能のいずれかに障がいがあり、身体障害者手帳1級または2級相当の方
【接種方法】
①、②の方 医療機関に直接問い合わせてください。
③の方   ⑴下記窓口に障害者手帳、印鑑を持って申請にお越しください。
       ⑵市内医療機関に予約をして無料券を持って行ってください。
【助成回数】
1回(13歳未満は2回)
【接種期間】
平成29年1月31日㈫まで
【その他】
三木市外の医療機関で接種した対象の方は払い戻しますので、領収書と振込先の通帳、障害者手帳を持って下記窓口にお越しください。

【問い合わせ】
・三木市健康増進課 ☎0794-86-0900
・三木市吉川支所 健康福祉課 ☎0794-72-2210



三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-12-13 10:13 | 健康 | Comments(0)
・透析患者体験談「知らないと危険!慢性腎臓病」
・栄養講話「腎臓をまもるための食事のコツ」

【日時】
平成28年12月12日㈪
午後1時30分~3時30分
【場所】
総合保健福祉センター
【費用】
無料
【対象】
三木市内在住の方
【申込方法】
電話、FAXで氏名、住所、年齢、電話番号を明記し、申し込んでください
【定員】
100名

【問い合わせ・申込】
三木市健康増進課 健康政策グループ
☎0794-86-0900
FAX0794-86-0904



三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-12-06 09:09 | 健康 | Comments(0)

三木市医師会から

健康長寿のために~フレイルと介護予防~

 新聞などで介護や介護予防の話がよく掲載されるようになりましたが、その中で最近目にする言葉にフレイルがあります。耳慣れない言葉ですが高齢者の健康増進を考える上で近年注目されている概念です。
 フレイルは、高齢期において生理的機能が低下し要介護リスクが増加した状態とされ、健常な状態からフレイルの時期を経て要介護状態に至ります。フレイルの状態を早期発見し、早期に対応することで生活機能の維持・向上を図ることができると考えられています。
 フレイルの評価方法について一般的な基準では、①体重減少(6か月間で2-3kg以上の減少)、②疲れやすさの自覚(わけもなく疲れたような感じがする)、③活動量の低下(軽い体操や運動を定期的にしていますか?していない)、④歩行速度の低下(以前より歩く速度が遅くなってきたと感じますか?男女とも1m/秒未満)、⑤筋力低下(握力による評価が一般的で男性26kg未満、女性16kg未満)、これら5項目のうち3項目以上に該当した場合をフレイルと判定します。フレイルの状態に至ると、転倒しやすく、風邪に罹患した際にも重症化して入院を要する状態となることがあります。しかし、フレイルの状態に対して適切に対応できれば再び健常な状態に戻ることや、要介護状態に至るリスクを軽減することも可能になります。フレイルの予防にはフレイルに至らないように予防することとフレイルが進行しないようにするという意味があります。いずれの場合も身体の状態に合った運動を行い、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養を十分に摂り、感染予防・持病のコントロールを行うことが中心になります。フレイルチェックをすることでフレイルを早期に発見し介入することが介護予防につながっていくと期待されます。

介護老人保健施設セントクリストファーズホーム 齊藤優子



三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-11-17 09:28 | 健康 | Comments(0)

三木市歯科医師会から

指しゃぶりと歯並びについて
 あごの大きさにしても、形にしても、歯の大きさにしても、生まれ持ったものであれば、歯並びは親子で似てきます。残念ながら、遺伝が原因であれば、不正咬合の予防は難しいです。一方、生まれてから歯並びに悪影響をおよぼす原因の1つとして、「指しゃぶり」があげられます。
 指しゃぶりですが、お母さんのお腹にいるときから胎児が指を吸っていることがわかっています。乳児は、生きるための本能か、何かを口で吸うという感触を最初に気づいて感覚を楽しむそうです。「口唇期 」といいます。指しゃぶりもこの1つです。発育の過程ですから、乳児期に指しゃぶりをやめさせるのは良くありません。口唇期はおおむね2歳頃までと言われています。
 指しゃぶりの激しい場合は、歯並びや咬か み合わせに次の3つの影響があげられます。
①開咬:指しゃぶりを続けていると上下の前歯の間に指の通る隙間ができて咬み合わなくなります。縦方向にも前後方向にもできます。
②上顎前突:指の力により上あごの前歯が前方に傾斜します。また指をくわえる時に、下あごを後ろに引くため、下あごが後ろにずれて咬み合うようになります。
③上あごの狭窄と高口蓋:指を吸う力により、上あご歯列の幅が狭くなり(狭窄)、歯列の形がV字型に変形します。このため、上あごの内側の(口蓋)のくぼみが深くなります(高口蓋)。
 3歳児健診の時に、指しゃぶりの影響がすでに歯列にあらわれている子がいます。先に紹介した3つの影響、すべてそろってしまった子もいれば、指をすっていても影響のない子もいます。指を吸っている時間と回数が影響すると思います。
 4歳頃までに自然に指しゃぶりをやめられたらと思います。指しゃぶりをやめさせようと強く規制すると、かえって長引くことが多いです。
 指しゃぶりが長引く場合は、本人を取り巻く環境や、ストレスを考えてあげてください。なにか原因があるのだと思います。



三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-10-27 10:00 | 健康 | Comments(0)
 インフルエンザの予防接種を受ける費用が次の対象の方は無料になります。

【対象】
三木市内に住民登録し、接種日に①~③のいずれかに該当する方
①満65歳以上の方
②60歳以上65歳未満で、心臓、じん臓、呼吸器障害、ヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能のいずれかに障がいがあり、身体障害者手帳1級相当の方
③65歳未満で、心臓、じん臓、呼吸器障害、ヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能のいずれかに障がいがあり、身体障害者手帳1級または2級相当の方
【接種方法】
①、②の方 医療機関に直接問い合わせてください。
③の方   ⑴下記窓口に障害者手帳、印鑑を持って申請にお越しください。
        ⑵市内医療機関に予約をして無料券を持って行ってください。
【助成回数】
1回(13歳未満は2回)
【接種期間】
平成28年10月15日㈯~平成29年1月31日㈫
【その他】
三木市外の医療機関で接種した対象の方は払い戻しますので、領収書と振込先の口座番号がわかる通帳、障害者手帳を持って下記窓口にお越しください。

【問い合わせ】
・三木市健康増進課 
☎0794-86-0900
・吉川支所健康福祉課 
☎0794-72-2210



三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-10-18 09:28 | 健康 | Comments(0)

三木市薬剤師会から

 10月17日~23日の一週間は「薬と健康の週間」です。医薬品を正しく使用することの大切さ、薬局や薬剤師の利用方法について改めて考えてみましょう。
 薬は身近で有用なものですが、副作用が発生する恐れのある危険な存在でもあります。
 最近では、週刊誌の「飲んではいけない薬」特集など、副作用を過度に強調する意見が多くみられました。  しかし、発生率が非常に低く、検査や初期症状を知ることで予防できる副作用を恐れるあまり、治療することで得られる利益や健康を放棄してしまうのはもったいないことです。
 その一方で、市販薬のテレビCMなどで宣伝される、薬の「安全で便利な」イメージにも注意が必要です。実際の副作用被害の集計を見ると、その多くは風邪薬や解熱鎮痛薬、漢方薬で発生しています。「漢方は自然で安心」というのはあくまで売り文句であって、実際の副作用の危険性を反映している訳ではありません。医療の現場では副作用が多いため使用されなくなった医薬品が、市販薬では売れ筋商品といったケースも少なくありません。
 健康に関心の高い方には、受診する医療機関によって薬局を変えるのではなく、普段の健康相談から市販薬、処方箋の調剤を依頼できる「かかりつけの薬剤師・薬局」を持つことをお勧めします。皆さんの体質や治療歴を把握し、気心の知れた薬剤師との関係性は、質の高い治療に大いに役立つはずです。

●薬と健康の週間10月17日㈪~10月23日㈰
お持ちですか!あなたの「かかりつけ薬剤師・薬局」
・薬の重複投与の防止や相互作用の確認ができます。
・いざというとき、困ったときに、電話等による相談ができます。
・服用中の薬の飲み忘れや飲み残しで困ったとき、薬を適切に使用するためのアドバイスを受けられます。
薬についての相談は、医師、薬剤師等専門家に!


三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-10-17 09:12 | 健康 | Comments(0)

病院フェスタを開催

 病院をより身近に感じてもらえるよう、子どもからお年寄りまで楽しめる病院フェスタを開催します。様々なイベント・体験コーナーや普段は見ることができない病院の裏側を見ることができます。

【日時】
平成28年10月23日㈰ 
午前10時~午後2時
【場所】
北播磨総合医療センター
【内容】
●ステージイベント
保育園児による鼓笛演奏、院内音楽部ほかによる軽音楽演奏、医師による健康講座
●イベント・体験コーナー
手術室体験ツアー、院内見学ツアー、救急蘇生体験、キッズファーマシー(子ども薬剤師体験)、手洗い体験、白衣試着体験、健康チェック、健康相談、キッズコーナー、緊急車両の展示 ほか
【費用】
無料(申込不要)

【問い合わせ】
病院フェスタ実行委員会事務局 医事管理課
☎0794-88-8800



三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-10-14 09:43 | 健康 | Comments(0)