兵庫県三木市の情報をどんどん発信!三木市役所職員JJによるブログ。


by oniwabann
カレンダー

カテゴリ:健康( 51 )

三木市歯科医師会から

親知らずd0107394_15115915.jpg
 「親知らず」は最前方の前歯から数えて8番目の歯のことで、智歯、第三大臼歯ともいいます。大人になってから親に知られずに生えることや、知恵が付く頃に生えてくることでこのように呼ばれるようになりました。
 「親知らず」の構造はほかの歯と同じで、不具合がなければ必ずしも抜歯する必要はありません。抜く必要がないのは
①上下ともに真っすぐきれいに生えていて噛むことに役立っている。
②完全に顎の骨に埋まっていて問題ない。
③入れ歯やブリッジの土台として必要。等です。
反対に、抜歯した方がいいのは
①清掃ができない程奥に生えてむし歯になった。
②一部だけ頭が出ていて食べ物がたまって腫れやすい。
③横向きに歯茎に埋まっていて前の歯に悪影響を及ぼしている。
④上だけまたは下だけ生えて伸び、反対側の歯茎を傷つけている場合。等です。
 「親知らず」は、隣の歯と同じ方向に真っすぐに生えている場合は他の歯と同様の方法で抜歯できます。斜めや横向きに生えている場合は顎の骨を削ったり「親知らず」を分割したりする必要があります。特に困難な場合や他の病気との関係で全身管理が必要な時は、大きな病院の口腔外科に抜歯を依頼することもあります。
 兵庫県歯科医師会会員の診療所では、普段から近隣の病院の口腔外科と連携を取っていますので安心して受診していただけます。「親知らず」やその周辺に異常を感じたら、早めに歯科医院でチェックして貰ってくださいね。
    
    
    
三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_14412462.gif

by oniwabann | 2017-08-23 15:12 | 健康 | Comments(0)

 認知症は誰もがなる可能性のある脳の病気によるものです。認知症を早期発見し、早期に医療機関を受診することで、早い段階で治療を開始することができ、症状の緩和や改善をする可能性があります。住み慣れた地域で暮らし続けられるように、認知症予防健診を実施します。
     
【対象】
吉川総合公園・11月以降に総合保健福祉センターで行われる集団健診申込者で、65歳以上の方。
・指定医療機関で受診する個別健診の方は対象になりません。
・認知症予防健診単独での申し込みはできません。
【実施方法】
町ぐるみ健診受診票送付時に、対象者の方に「認知症予防健診受診票」を同封します。希望者は受診票のチェックシートに記入して、受診当日に持参してください。
【費用】
無料
    

【問い合わせ】
三木市介護保険課
☎0794-82-2000
   
    
    
三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!

d0107394_14412462.gif


by oniwabann | 2017-08-22 15:06 | 健康 | Comments(0)

【日時】

8月開始コース

①平成29831日㈭

②平成29925日㈪

③平成291023日㈪

午後130分~330

9月開始コース

①平成2995日㈫

 午前10時~正午

②平成291010日㈫

午後130分~330

③平成29111日㈬

午前10時~正午

【場所】

総合保健福祉センター

【対象】

三木市内在住で運動習慣を身に付けたい方(治療中の方は主治医の許可が必要、すでに登録している方も参加可)

【内容】

①いざ!ウォーキング!コグニサイズにチャレンジ!

②歯科医師から見た健康のヒケツウォーキングの振り返り

③食生活でできる脳活性化ウォーキングなどの振り返り

【費用】

無料

【申込方法】

電話で申し込んでください

【定員】

先着各30

d0107394_08565087.jpg
   
d0107394_08565961.jpg
   
d0107394_08570534.jpg
 

【問い合わせ】

三木市健康増進課 健康政策グループ

0794-86-0900
   
   
    

三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!

d0107394_10142267.gif


by oniwabann | 2017-08-15 09:05 | 健康 | Comments(0)

三木市医師会から

便秘のお話d0107394_10050307.png

お腹が張らず苦しさを感じないから、又は慣れてしまったから等の理由で、45日お通じがなくても何の対処もしていないという方はいませんか?便秘が長引くと思わぬ大きな病気を招く可能性もあります。

便秘とは一般的に排便困難で満足感が得られず、また排便回数が少なく週に2回以下の状態と定義されます。排便時の怒責(いきみ)や残便感、硬便・兎便による排便困難なども便秘に含まれます。便は食事後、約2472時間かけて肛門から排泄されます。

便秘は機能性便秘と器質性便秘に大別され、さらに機能性便秘は弛緩性、痙攣性、直腸型と、より細かく分類されます。特に器質性便秘は腫瘍(がん)などが原因で生じていることがあり、便秘が23ヶ月前から急に生じてきた、頻回に便に血液が混じる場合はかかりつけ医の先生と相談が必要です。

機能性便秘は⑴弛緩性⑵痙攣性⑶直腸型の3種類に分けられます。⑴の弛緩性と⑶の直腸型は代表的な便秘で、大腸・直腸の筋肉のゆるみが直接的な原因です。便を押し出す力が足りずに便秘状態となるもので主に女性や高齢者によく見られます。⑵の痙攣性はストレスに起因することの多い便秘で、自律神経の乱れから大腸が正常に働かなくなり、便を押し出すための運動が激しくなりすぎて、痙攣したような状態となるものです。便秘と下痢を交互にくりかえすのが代表的な症状で、強烈な下腹部の痛みも痙攣性便秘の特徴です。

便秘を防ぐにはまず食生活が大切です。食物繊維を多く含む緑黄色野菜や果物、海草類、アロエ、根菜類、シリアルなどをしっかり食べ、1日1リットルを目安として水分をたっぷり取りましょう。朝起きてすぐに水分をコップ1杯でも飲むと、腸が刺激されて動きがよくなり、便意が起こりやすくなりますよ。

    

池田クリニック 池田篤紀 
    
   
    
三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!

d0107394_08571851.gif


by oniwabann | 2017-07-24 10:05 | 健康 | Comments(0)

普段の食事やストレス、生活習慣の影響などで知らないうちに血管年齢が実年齢より高い方が増えています。今の血管の状態を知り、病気を予防するためにぜひ参加してください。

   

【日時】d0107394_09090693.png

平成29722日㈯ 

午前930分~正午

【場所】

北播磨総合医療センター2階 大会議室

【内容】

・濵口医師(神経内科部長)による血管年齢の話

・血管年齢測定

【費用】

無料

【対象】

40歳以上の方(今までに受けたことのある方は申し込みできません)

【申込期限】

平成29712日㈬必着

【申込方法】

往復はがきで申し込んでください。抽選の結果は返信用はがきで通知します。11通の往復はがきで申し込んでください。

・往信の宛先面 

675-1392 小野市市場町926250 北播磨総合医療センター 公開講座事務局(地域医療連携室)行

・往信の文面 

申込者の住所、氏名、年齢、電話番号を記入

・返信の宛名面 

申込者の郵便番号、住所、氏名を記入

・返信の文面 

何も記入しないでください。

【定員】

抽選50

    

【問い合わせ・申込】

北播磨総合医療センター 地域医療連携室 

0794-88-8800(かけ間違いがないようご注意ください)
   
   
   
三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!

d0107394_08571851.gif


by oniwabann | 2017-07-06 09:12 | 健康 | Comments(0)

健康寿命とは健康上の問題がない状態で日常生活が送れる期間のことで、日本人の平均は72歳です。歯科と密接なかかわりをもって健康寿命を延ばしましょう。

    

d0107394_08585671.png
【日時】
平成29624日㈯ 

午後130分~345

受付 午後1時~

【場所】

関西国際大学 三木キャンパス 4号館101教室

【内容】

噛み合わせと認知症、歯周病と全身の病気との関係、歯磨きからできる肺炎予防

【費用】

無料 

【対象】

どなたでも

【講師】

内橋康行医師(医療法人関田会ときわ病院 歯科口腔外科部長)

【申込方法】

氏名、住所、電話番号を明記し、電話またはFAXで申し込んでください。

【定員】

先着300

    

【問い合わせ・申込】

関西国際大学コミュニティ交流総合センター社会連携課 

0794-84-3505 FAX0794-84-3562
   
    
   

三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!

d0107394_09044409.gif


by oniwabann | 2017-06-16 09:08 | 健康 | Comments(0)

脳卒中かなと思ったらどう行動すればいいのか、脳卒中を予防するにはどうしたらいいのかなど、この機会に学習しましょう。d0107394_09004047.png

   

【日時】

平成29610日㈯ 

午前10時~正午

【場所】

吉川健康福祉センター 2階 コミュニティホール

【内容】

・脳卒中にならないために 

【講師】濵口浩敏医師(北播磨総合医療センター 神経内科部長)

・脳卒中の最新治療 

【講師】三宅茂医師(北播磨総合医療センター 脳神経外科部長)

【費用】

無料

【対象】

どなたでも(申込不要)

【定員】

100名(定員を超えた場合は入場を制限する場合があります)

    

【問い合わせ】

・三木市吉川支所 健康福祉課 0794-72-2210

・北播磨総合医療センター 地域医療連携室 0794-88-8800

(かけ間違いがないようご注意ください)
   
    
    

三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!

d0107394_09044409.gif


by oniwabann | 2017-06-07 09:03 | 健康 | Comments(0)

三木市医師会から

そのいびき危険かも…d0107394_10075022.png

みなさん、家族にいびきが激しい方、また日中に眠気、車の運転中にウトウトしてヒヤッとした経験はありますか?それは睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に何回も呼吸が止まり、ぐっすり眠る事が出来ない病気の一種です。潜在患者は人口の23%といわれ、放っておくと高血圧や心臓循環障害、脳循環障害などに陥ると言われています。主な合併症は心不全、糖尿病、不整脈、肺高血圧症、虚血性心疾患などが上げられます。また、日中の眠気などのために、仕事に支障をきたしたり、居眠りによる事故の発生率を高めたりするなど、社会生活に重大な悪影響を引き起こします。しかし、治療法が確立されているため、適切に検査・治療を行えば決して恐い病気ではありません。

近年ではご自宅で簡単に検査を行う事が出来、機械本体を装着後、鼻にチューブと指にセンサーをつけるだけで、血液中の酸素飽和度や無呼吸低呼吸の有無を知る事が出来ます。

もし検査の結果、無呼吸の状態が重傷と判定されても、CPAP治療をする事で睡眠時無呼吸症候群が招く合併症を予防することが出来ます。

CPAP治療とは鼻より空気を送り、睡眠時の無呼吸を無くし、酸素不足を解消する事ができ、睡眠の質を向上させる治療法です。

CPAP治療をされた患者様のほとんどはその日からいびきをかかなくなり、朝はすっきり、昼間の眠気も改善され、CPAP療法をされなかった患者様に比べ長生き出来る事も近年では分かってきています。

もし、「大きないびき」「日中いつも眠たい」「居眠り運転」「夜中に何度も目が覚める」「起床時の頭痛・だるさ」「夜間の呼吸停止」などの症状に思い当たる方はぜひ専門医受診をしてください。

   

かとう内科クリニック 加藤裕生
    
    
    
三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!

d0107394_08573847.gif


by oniwabann | 2017-05-26 10:08 | 健康 | Comments(0)

北播磨総合医療センターでは、4月から健康管理センター(前健康管理室)を設置し、センター長に足立秀治先生(前県立がんセンター院長)が着任しました。

d0107394_09152717.jpg
    

●正しい情報と検診でがんの早期発見

これまで胸部放射線診断を専門としてきたので、人間ドックやがん検診などのCTPET/CT画像診断を主として担当します。

当医療センターには優れた技術を持つスタッフと素晴らしい機器が揃っています。今まで以上に地域の医療機関などと連携し、共同利用を進めることで、地域全体の医療機能を向上させ、地域完結型の医療を提供できるように取り組んでいきます。
 平成27年末に策定されたがん対策加速化プランでは、「予防・早期発見」「がんの治療・研究」「がんとの共生」が、がん死亡を低減させる3つの柱とされています。

がんで死なないためには、自分の体は自分で守る覚悟が必要です。テレビやインターネットの情報に惑わされず、正しい情報や検診などでがんの予防・早期発見に努めましょう。

     

当センターでは、これまで以上にがんの早期発見などの予防医療を推進するため、以下の内容を予定しています。d0107394_09153747.png

・泊ドック(大腸コース)の受入枠拡大の検討

・人間ドックオプション検査の充実(PET検診・肺がんCT検診の受診増、超音波内視鏡によるすい臓がん検診の新設、カプセル内視鏡カメラの受診増)

・事業所検診の拡大(MRI頭頸部撮影受託)

    

【問い合わせ】

北播磨総合医療センター 健康管理センター 

0794-88-8800

※電話番号のかけ間違いがないようご注意ください。
   
   
   

三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!

d0107394_09475509.gif


by oniwabann | 2017-05-15 10:00 | 健康 | Comments(0)

三木市歯科医師会から

唾液のパワー

唾液は唾液腺で作られ、いつも口の中に少量流れ出ていて健康な人では、一日に11.5リットル分泌されます。この唾液の役割は、まず歯で細かく砕いた食べ物と混ざることで飲み込みやすくし、食道で引っかからなくなると同時に消化を促進し、胃や腸での消化吸収をよりよくするので食事中にお茶などで流し込むのでなく、よく噛んでたくさん唾液を出すことが大切です。

また唾液には口の中の汚れを洗い流し、歯の表面を清掃、強化したり糖分が分解されてできた酸を薄める作用もあるので、むし歯や歯周病、口臭の予防にもつながります。

このように賢い唾液をたくさん出すには根菜などの硬い物を食べて、噛む刺激を増やすよう心がけましょう。

唾液を出すには、口を閉じてサルの真似をするように舌を歯茎と唇の間に入れ、4~5回まわす「おサルさん体操」や耳の下にある唾液腺をマッサージすることもおすすめです。特に眠っている間は唾液分泌量がとても少なくなるので寝る前には歯磨きをしっかりしておきましょう。
   
   
   

三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!

d0107394_09234209.gif


by oniwabann | 2017-04-24 10:14 | 健康 | Comments(0)