兵庫県三木市の情報をどんどん発信!三木市役所職員JJによるブログ。


by oniwabann

カテゴリ:みきの歴史と文化( 231 )

三木合戦をテーマにした動画「三木合戦 ~天下の合戦から、天下の金物産地まで~」と指定文化財をテーマにした動画「三木四十景 ~三木市の指定文化財40選~」が完成し、落語家の笑福亭たまさんを招いて、試写会が行われました。

完成した動画は館内で放映されていますので、ぜひご覧ください。

 また、みき歴史資料館では、「三木四十景マップ」と三木合戦のあらすじのパンフレット2種類も館内で無料配布しています。マップを見ながら、三木のまち歩きをお楽しみください。

d0107394_09002188.jpg
   
d0107394_09002700.jpg
   
d0107394_09003279.jpg
   
d0107394_09004147.jpg

     

【問い合わせ】

みき歴史資料館

0794-82-5060
   
   
   

三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!

d0107394_14145627.gif


by oniwabann | 2017-04-26 09:01 | みきの歴史と文化 | Comments(0)
 毎年1月17日は、「別所公祥月命日」が行われます。
 天正の世、当地を治めていた三木城主 別所長治公は、天下統一の野望に燃える織田信長の命を受けた羽柴秀吉と戦いの火蓋を切りました。
 自然の要害を巧みに利用した三木城が頑固なうえに、城兵の士気も高く、難攻不落であると悟った秀吉は、力攻めをあきらめ、兵糧攻めに切り替えました。これが世にいう有名な「三木の干し殺し」の始まりです。
 この奇策に耐えた城兵たちは、牛馬や草の根はもちろんのこと、壁土に塗り込まれたワラをも食したといわれています。
d0107394_923326.jpg

 天正8年(15780年)正月17日、羽柴秀吉の大軍と1年10か月戦い続けた別所長治公は、城兵の生命と領民の安全を第一義とし、「今はただ恨みもあらじ諸人の命にかわる我身と思えば」の辞世を残し、妻子一族と共に自決。
 このことから、毎年1月17日は、長治公を偲び、三木市の大恩人として後世に永く語り伝えるため、別所公奉賛会による祥月命日法要を雲龍寺で実施されています。
 法要は10時から始まり、詩歌朗詠、別所公のお墓参り、うどん会などが行われます。

■うどん会
 当時の惨状を偲び、領民を思う公の遺志を後世に語り継ぐため、ワラに見立てたうどんを食べる伝統行事です。

【日時】
平成29年1月17日(火) 
午前10時~
【場所】 
雲龍寺(三木市上の丸町9-4)
☎0794-82-0740
【行事内容】 
本堂読経、詩歌朗詠、墓参り、うどん会

【問い合わせ】
三木市市民協働課
☎0794-82-2000



三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2017-01-10 09:24 | みきの歴史と文化 | Comments(0)

大宮八幡宮で三木鬼追式

 親鬼と子鬼が厄除けの踊りや大鬼による餅つき、餅まきが行われる「鬼追い式」が1月15日(日)、大宮八幡宮で営まれます。毎年、多くの方が来場されます。
d0107394_931476.jpg

 鬼追い式は、江戸時代の初め頃から月輪寺で、修正会(しゅしょうえ)追儺式として行なわれていましたが、昭和14年に中断されました。昭和38年に大宮八幡宮と月輪寺の協力で有志による三木鬼追い保存会が発足し、神仏習合の形で鬼追い式が復活しました。
 月輪寺で祈祷を受けた鬼は文殊堂、不動尊を回向し、大宮八幡宮拝殿に参拝しご神火を松明に移し、鳥居石段上から松明を打ち振るい町と人々の安寧を祈願したのち、赤鬼、黒鬼の大鬼と子鬼の踊りが行なわれます。また、大鬼による餅つきや餅まきも行なわれます。鬼踊りは3回行なわれます。 
d0107394_9315872.jpg


【日時】
平成29年1月15日(日)
午前10時30分~、午後1時~、午後3時~(3回)
【場所】
大宮八幡宮(三木市本町2丁目)

【問い合わせ先】
三木市観光協会 
☎0794-83-8400



三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2017-01-07 10:00 | みきの歴史と文化 | Comments(0)

三木の染形紙展を開催中

 みき歴史資料館で三木の染形紙展が開催されています。
 江戸時代の中ごろまで、三木の主要産業であり、三木の歴史や地域文化を考える上で欠くことのできない三木の染形紙。
 様々な染形紙やその製品の展示を通して、粋な形紙職人の見事な「技」やかつて三木を代表する産業だった染形紙の魅力を紹介しています。
 展示は平成29年1月29日まで開催、12月18日には特別講演会やギャラリートークも開催されますので、ぜひお越しください。

d0107394_1523358.jpg

d0107394_15231780.jpg

d0107394_1523324.jpg

d0107394_15234594.jpg


●企画展特別講演会「型紙からみえてくること 歴史・風土・生活」
染め物に用いられる「型紙」が教えてくれる地域の歴史や風土、生活について話します。
【日時】
平成28年12月18日㈰ 
午後1時30分~3時
【場所】
みき歴史資料館 3階 講座室
【費用】
無料(申込不要)
【講師】
生田ゆきさん(三重県立美術館 学芸員)
【定員】
80名

●ギャラリートーク
会場でのフリートークです。染形紙について、展示会場でお話しをしましょう。
【日時】
平成28年12月18日㈰ 午後3時30分~4時
平成29年1月15日㈰ 午後1時30分~3時
【場所】
みき歴史資料館 2階 企画展示室
【講師】
筒井俊雄さん(ギャラリー湯の山みち館長)

【問い合わせ先・申込】  
三木市立みき歴史資料館 
☎0794-82-5060  FAX 0794-82-5068
〒673-0432 三木市上の丸町4-5



三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-12-12 15:24 | みきの歴史と文化 | Comments(0)
 みき歴史資料館で開催中の「三木の屋台資料展」。
 大宮八幡宮と秋季例大祭に奉納される屋台の水引幕や高欄掛といった屋台衣裳とともに、市有宝蔵文書や古写真などの歴史資料を通じて、秋祭りを紹介しています。
 「私らが小さいころの屋台の水引幕やな」と昔を思い出したり、「こんなに細かいのにきれいに仕上げてある」と感心したりと見る方によって思いは様々でした。
 平成28年11月20日まで開催中ですので、ぜひご覧ください。

d0107394_14272963.jpg


d0107394_14274127.jpg


d0107394_1427544.jpg


d0107394_1428748.jpg




三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-10-26 14:29 | みきの歴史と文化 | Comments(0)
 山田錦は今年で生誕80周年をむかえます。今年も、酒蔵メーカーと地元山田錦生産農家が中心となって「山田錦まつり」を開催します。昨年度の来場者数は約9,500人。多くの方で会場はにぎわいました。
d0107394_161755100.jpg

 今年も山田錦の農業文化、日本酒の消費拡大、地域特産物のPRなどを行い、山田錦をテーマとした生産者と消費者の交流を実施します。この機会にぜひ、来場ください。
d0107394_16224721.jpg

d0107394_1623361.jpg

【日時】
平成28年3月12日(土)、13日(日)
午前10時~午後4時
※雨天等の場合も決行。

【場所】
山田錦の館
吉川温泉よかたん駐車場(三木市吉川町吉安)
※当日は混雑が予想されます。無料シャトルバスが運行していますので、ご利用ください。

【内容】
・山田錦生誕80周年記念イベント
 (酒粕の当る抽選会、山田錦のポン菓子の振る舞いなど)
・酒蔵メーカー11社と山田錦生産農家(村米部会)によるイベント
・三木太鼓(12日)、吉川錦太鼓(13日)によるオープニング和太鼓演舞
・好評の餅まき(両日毎に4,000個)
・酒造メーカーによるPRタイム
・お酒を飲まない方や子どもたちが楽しめる縁日コーナーや飲食テント
※車を運転される方へのお酒の提供はできません。また、お酒の飲みすぎにご注意ください。

【主催】
山田錦まつり実行委員会(実行委員長五百尾俊宏さん)

【注意事項】
・飲酒運転防止対策を実施
「私は飲酒運転をしません宣誓ステッカー」を胸に貼っていただき、ステッカーを貼ってない人にはお酒を提供しないことを徹底します。

【問い合わせ先】
山田錦まつり実行委員会事務局
三木市吉川支所地域振興課 ☎0794-72-0180

三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-02-26 16:28 | みきの歴史と文化 | Comments(0)

初午採燈護摩を開催

 五穀豊穣を祈願する初午採燈護摩(はつうまさいとうごま)が御弓祭と同日の2月11日に、法輪寺(三木市細川町垂穂)で行われます。
d0107394_18454134.jpg
d0107394_184604.jpg


【日時】平成28年2月11日(木・祝)
 午後1時30分~ 大般若経の転読
 午後2時30分~ 採燈護摩
 午後3時30分~ 餅まき
d0107394_18462079.jpg

【問い合わせ】三木市観光協会☎0794-83-8400
三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-02-10 08:30 | みきの歴史と文化 | Comments(0)
五穀豊穣や破邪顕正を祈り、能舞台での居合道、浦安の舞、猿田彦の天地祓いのほか、弓場で6人の射手が20メートル先の的を狙い10本の矢を放つ御弓神事があります。最後には餅まきが行われます。

d0107394_1838139.jpg

d0107394_18384761.jpg

【日時】平成28年2月11日(木・祝) 午前10時~
【場所】御坂神社(三木市志染町御坂) 

三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-02-09 18:33 | みきの歴史と文化 | Comments(0)
 2月7日(日)、三木市の無形民族文化財である蓮花寺(口吉川町蓮花寺)で約800年の伝統がある鬼踊り(追儺式)が開催されます。
d0107394_16235460.jpg

 蓮花寺本堂で大般若経の転読に続き、親鬼と子鬼各でタイマツを持った迫力満点の厄払いの踊りをみせます。その後餅まきも行なわれます。伝統ある節分の名物行事をぜひご覧ください。
d0107394_1624894.jpg

【日時】
平成28年2月7日(日)
午後1時30分~
d0107394_16242192.jpg

【場所】
蓮花寺(兵庫県三木市口吉川町蓮花寺187 )

【問い合わせ先】
・蓮花寺 ☎0794-88-0013
三木市観光協会 ☎0794-83-8400

三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-02-06 08:30 | みきの歴史と文化 | Comments(0)
 2月7日(日)、三木市の無形民族文化財である蓮花寺(口吉川町蓮花寺)で約800年の伝統がある鬼踊り(追儺式)が開催されます。
d0107394_16235460.jpg

 蓮花寺本堂で大般若経の転読に続き、親鬼と子鬼各でタイマツを持った迫力満点の厄払いの踊りをみせます。その後餅まきも行なわれます。伝統ある節分の名物行事をぜひご覧ください。
d0107394_1624894.jpg

【日時】
平成28年2月7日(日)
午後1時30分~
d0107394_16242192.jpg

【場所】
蓮花寺(兵庫県三木市口吉川町蓮花寺187 )

【問い合わせ先】
・蓮花寺 ☎0794-88-0013
三木市観光協会 ☎0794-83-8400

三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-01-27 16:27 | みきの歴史と文化 | Comments(0)