兵庫県三木市の情報をどんどん発信!三木市役所職員JJによるブログ。


by oniwabann

<   2009年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

今週末(1/31・2/1)に三木市内で開催されるイベントなどをお知らせします。

三木市観光交流キャンペーン
 日時:2月1日(日) 10:00~15:00
 場所:中央公民館(三木市本町2丁目)他
d0107394_1824535.jpg

三木金物古式鍛錬 小刀(こがたな)部会
 日時:2月1日(日) 10:00~13:00
 場所:古式鍛錬場(三木市上の丸町)※金物資料館

三木金物アンテナショップ(なめら工房) 
 日時:2月1日(日) 9:00~13:00
 場所:なめら工房(三木市本町2丁目)
d0107394_18254168.jpg

追儺(ついな)式 
 日時;2月1日(日) 13:30~
 場所:蓮花寺(口吉川町蓮花寺)
d0107394_18255878.jpg

by oniwabann | 2009-01-30 18:29 | イベント☆ | Comments(0)
 三木市吉川町出身で松竹芸能所属の若手芸人であるイアソン石川さんが、2月1日に三木市内で行われる「三木市観光交流プレキャンペーン」に参加されます。
d0107394_11342574.jpg
 ↑打ち合わせのため三木市役所にお越しいただきました。

  「三木・湯の山街道まち歩きとマイ包丁づくり」の参加者の皆さんとともに、湯の山街道を散策します。知りたいことがあれば、お客さんの代表として、ガイドボランティアの方に尋ねるなど場を盛り上げていただき、参加者の方に三木をわかりやすく身近に感じてもらいます。
 また、石川さんにも湯の山街道など三木市を楽しみながら知っていただき、ライブなどで三木市の情報を発信していただきます。
d0107394_11342445.jpg
 ↑観光振興課職員と当日の打ち合わせを行いなした。

 石川さんは、芸歴8年、コンビを組まれて7年。学生時代に靭帯を切ってサッカーが出来ないとき、先輩から誘われお笑いの世界に飛び込まれました。

 「大阪名物・筒のぞき」を2月16日(月)11:55~MBS放送『痛快!明石家電視台』“なにを聞くねん松竹スペシャル”で披露されていますので、ご覧ください。
 また、「兵庫県三木市から来た普通の人・イアソン石川」とブログで発信されていますので、あわせてご覧ください。
 ・兵庫県三木市観光キャンペーンガイドに就任!
by oniwabann | 2009-01-29 11:36 | みき人物館 | Comments(0)
 「肥後守」唯一の製造者である永尾元佑(永尾駒製作所:三木市平田)さんが、肥後守を全児童が使って25年になる長野県北安曇野郡池田町立会染小学校を訪問し、全校児童との交流会や6年生と三木金物ふれあい体験教室(竹細工教室)を行います。
d0107394_1751125.jpg
↑会染小学校には、肥後守コーナーがあります。

 昭和35年の旧社会党の浅沼委員長刺殺事件により、刃物が教育現場から排除され20年以上経った昭和58年、当時の校長先生の熱意によって会染小学校に肥後守が復活しました。

 「最近の小学生は手先が不器用で、雑巾が絞れない。靴ひもは結べないし、窓の鍵も閉められない。それを日々見ているうちに、これは大変だ、いまに日本人は指先で何もできない民族になってしまう。それに、指は第2の脳という。指が使えなければ、脳までだめになってしまうのではないのだろうか」と校長先生は、危機感を抱きました。
 それで、校長先生は、「ナイフを使わせてみよう、神経を集中して使わないと危険だから、いやでも指先が器用になる」と考えました。
 「肥後守なら折り畳んでどこへでも入るから便利だし、安全だ。」
 それでもやはり保護者の間からは、「危ない」と反対の声も出ましたが、PTAは校長先生の考えを理解し、廃品回収などを行い資金集めに乗り出しました。
d0107394_17482326.jpg
↑児童の筆箱の中、常に肥後守が入っています。

 それから25年。
 今では毎年新入生に、新しい肥後守が一本ずつ、PTAからプレゼントされます。担任の先生が使い方を教えるとすぐに鉛筆が削れるようになるので、会染小学校には、鉛筆削りは一台もありません。
 「ナイフに親しむ週間」があり、6年生のお兄さんお姉さんの指導で、1年生が竹の耳掻きやコマ、小枝のキーホルダーなどをつくりながら、ナイフの正しい使い方、研ぎ方を覚えていきます。
 もちろん、はじめのうちは指を切る子が血を流し、保健室へ駆け込むこともありますが、そんな経験から、「ナイフの使い方を誤ると怪我をする」ということを学んでいきます。
 上級生になると、新しく転任してきた先生がびっくりするほど上達しています。
by oniwabann | 2009-01-28 17:43 | 三木金物 | Comments(1)
 金物(鍛冶)職人と金物ユーザーや観光客が交流することによって、三木金物の魅力を伝えるお店「なめら工房」が2月1日(日)午前9時~午後3時までオープンします。
d0107394_2119169.jpg
 当日は、
 ①三木工業協同組合水研部会による包丁研ぎ 
 ※1丁800円から
 午前9時~正午まで
 お問い合わせ:三木工業協同組合 ℡0794-82-3154
 ②三木工業協同組合青年部全三木金物卸商協同組合青年部による三木金物の販売
 午前9時~午後3時
 ③三木金物を使う趣味講座「昔なつかし竹のおもちゃを作る」
 ※参加費300円/人・申込不要、
 午前9時~午後3時
 お問い合わせ:三木商工会議所 新ビジネスプロジェクト「フォーラム三木」℡0794-82-3190
 が行われます。
 2月1日は、三木市観光交流キャンペーン三木金物古式鍛錬も行われていますので、あわせてお越しください。
d0107394_2120772.jpg
 ナメラ工房は、三木市本町2丁目(三木市観光協会からナメラ商店街を入って徒歩3分・神戸電鉄上の丸駅からナメラ商店街を入って徒歩5分)になります。

 なめら工房については、三木市産業環境部商工課(℡:0794-82-2000)までお問い合わせください。
by oniwabann | 2009-01-27 21:21 | お知らせ | Comments(0)

雪景色

d0107394_1932086.jpg
 朝目覚めると、外は一面の銀世界。カメラを持ち、長靴を履いて、近くの若宮神社へ。
d0107394_1943232.jpg
 
d0107394_1944272.jpg
 
d0107394_1945397.jpg
 県道は凍結し、タイヤチェーンを着けた車が徐行していました。ノーマルタイヤの車は、ハンドルを切る度に滑る非常に危険な状況です。 
 西(三木)方面から東(三田)方面へ向かう車がタイヤチェーンを着けるため停車しています。どうやら、西方面の積雪は少なかったようです。
 確かに、吉川からの出勤途中、徐々に雪は少なくなり、市役所につく頃には雪はほとんど見られなくなりました。
 吉川支所周辺と三木市役所周辺の温度差は約2度。たかが2度かもしれませんが、時には大きな違いを見せてくれます。
d0107394_195420.jpg
↑県道(主要地方道西脇三田線:三木市吉川町稲田)の路面状態。完全にアイスバーンです。
 冬の寒い朝、三木市の市街地から吉川方面へお越し時は、路面凍結などにご注意ください。
by oniwabann | 2009-01-26 19:24 | みき景色 | Comments(2)
2月1日(日)終了しました。次回は、3月1日(日)に開催されます。
詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ (3/1)あいたい兵庫デスティネーションキャンペーンプレイベント三木 ※三木市観光交流キャンペーン

2月1日(日)は、三木のまちなかがちょっとおもしろい!!
少し厚着をして出掛けてみませんか?
当日、神戸電鉄恵比須駅前と中央公民館1階受付でご案内いたします。

問・申込み:三木市観光協会  ℡ 0794-83-8400
        三木市観光振興課 ℡ 0794-89-2353

催し一覧※①催し ②時間 ③場所 ④内容
金物古式鍛錬(小刀) ②10時~13時 ③古式鍛錬場(金物資料館横)
④古式鍛練保存会による昔ながらのふいごを使った金物鍛練の実演・説明

d0107394_17264983.jpg
①「マイ包丁」づくり体験 ②10時~13時(受付正午まで)
③日曜手づくり工房(中央公民館1F)
④職人の指導のもとに行い、自分だけの「マイ包丁」を完成させる(先着20名)※残りわずか

d0107394_17281066.jpg
①「マイ箸」づくり体験 ②10時~15時(受付14時時まで)
③日曜手づくり工房(中央公民館1F)
④鉋台や鑿(のみ)柄に使用される樫材を使い、職人の指導のもと「マイ箸」を完成させる(先着20名)

①型染め藍染体験 ②10時~15時(受付13時まで) ③日曜手づくり工房(中央公民館1F)
④三木市は、藍染の型づくり発祥の地である。好みの図案を選び、藍染を完成させていく(先着40名)

d0107394_17303616.jpg
①山田錦酒の試飲 ②10時~15時 ③湯の山街道(稲見酒造)
④山田錦で作られたお酒の試飲(試飲は運転手の方には提供できません)

①昭和カフヱ(休憩所) ②10時~15時 ③ナメラ商店街(元エフワン中西)
④昔、三木にたくさんあったといわれる「カフヱ」、当時の思い出とともに昭和のカフヱを再現(酒類の提供はなし)。三木東高校生produceした「のこぎりクッキー」も販売しています。
d0107394_17332268.jpg


①駄菓子屋「駄菓楽箱」②10時~15時 ③ナメラ商店街(小林デパート横)
④関西国際大学の学生が、「懐かしくて新しい」をコンセプトに色々な駄菓子や玩具等を販売

①商連「三木特産品販売」 ②10時~15時 ③ナメラ商店街(鷲尾商店)
商店街連合会オリジナルの黒豆、ごま、生姜、プレーンの4種類のせんべいなどを販売

①まち協「写真展」 ②10時~15時 ③ナメラ商店街(中新商店)
④明治・大正・昭和のなつかしい三木の古いまちの写真を展示

①なめら工房(研ぎ等)②9時~15時 ③ナメラ商店街(旧釣具屋)
④包丁研ぎを賜ります。(有料 正午まで),金物を販売

①えぷろん三木「郷土料理販売」 ②10時~15時 ③中央公民館前
④地元三木産黒豆入りご飯「黒こく御膳」・寒天「黒こく寒天」及び播州手延べうどん「美酒うどん」の試食販売

湯の山街道定時ガイド ②出発 10:30、13:00 1日2回 ③恵比須駅集合
④恵比須駅→湯の山街道→本長寺付近 お一人料金200円 所要時間 約1時間※申込不要・各10名

d0107394_17394457.jpg
①湯の山街道スタンプラリー ②10時~15時 ③④湯の山街道 恵比須駅→ナメラ商店街「昭和カフヱ(元エフワン中西)」→中央公民館1F「日曜手づくり工房」
※すべてのスタンプをそろえた方にはプレゼント進呈(先着200名)※日曜手づくり工房にて
by oniwabann | 2009-01-23 17:44 | イベント☆ | Comments(6)

2月の催し

三木市内で2月に行われる催しをお知らせします。
※1月末も含む

三宝荒神祭 
 日時:1月28日(水) 15:00~ 餅まき
 場所:慈眼寺(三木市久留美)
 参拝者には御礼とともに、「もち」、「竹酒」をふるまわれます。

三木市観光交流キャンペーン
 日時:2月1日(日) 10:00~15:00
 場所:中央公民館(三木市本町2丁目)他
d0107394_13501433.jpg

三木金物古式鍛錬 小刀(こがたな)部会
 日時:2月1日(日) 10:00~13:00
 場所:古式鍛錬場(三木市上の丸町)※金物資料館

三木金物アンテナショップ(なめら工房) 日時:2月1日(日) 9:00~13:00
 場所:なめら工房(三木市本町2丁目)

追儺(ついな)式 
 日時;2月1日(日) 13:30~
 場所:蓮花寺(口吉川町蓮花寺)
d0107394_13503343.jpg

講演会「未婚者を結婚へ近づける方法」
 日時:2月5日(木) 13:30~15:30
 ※要申込(~2月4日)子育て支援課まで
 場所:三木市教育センター(三木市役所前)

たたら製鉄
 日時:2月8日(日) 9:00~16:00
 ※けら出しは午後2時ごろ
 場所:古式鍛錬場(三木市上の丸町)※金物資料館

御弓神事
 日時:2月11日(水・祝) 10:00~
 場所:御坂神社(三木市志染町御坂)
d0107394_13504499.jpg

初午採燈護摩 
 日時:2月11日(水・祝)
  13:30~ 五穀豊穣祈願
  14:30~ 採燈護摩 
  15:30~ 餅まき
 場所:法輪寺(細川町垂穂)

厄神まつり  
 日時:2月14日(土) 10:00~18:00
       15日(日)   8:00~18:00
 場所:安福田八幡神社(志染町安福田)

祈念祭 
 日時:2月17日(火) 11:00~
 場所:大宮八幡宮(三木市本町2丁目)
 
風馬鳴弦会 
 日時:2月22日(日) 13:00~15:00
 場所:大宮八幡宮(三木市本町2丁目)
 ※和種馬による馬上武芸奉納
by oniwabann | 2009-01-22 12:05 | イベント☆ | Comments(0)
d0107394_1529511.jpg
 「”モラを見て元気がでました”の一言で、私も元気がでます。」
 と「さんさんギャラリーオアシス」でモラ作品展を開催されている赤松えり子さん。

 「モラ」とは、パナマ共和国のカリブ海に浮かぶ島に住む「クナ族」の少女が、大人の仲間入りする時から着る民族衣装です。成人女性のブラウスの胸の部分に使われ、原色の色使い、ユニークな図案、たてまつりで縫っている手法などを総じてモラと言われており、母から娘への晴れ着として、今に作り伝えられています。
 赤松さんは、1986年にモラと出会ってから、教室などに通われ、1995年には現地(パナマ共和国)に渡り、クナ族であるのニルカさんから手ほどきを受けられています。
d0107394_15292085.jpg
↑モラの作成手順 ①③⑤ ※上のものが完成品
            ②④⑥

①モチーフラインを書き、しつけをかける。
②切りながらまつり縫いを行う。
③形を切る
④カラー布を並べる
⑤②で切ったものを元に戻す
⑥線を切る
 
 タペストリー(写真)を1枚制作するのに1年、名刺サイズの大きさで2時間かかります。

 さんさんギャラリーオアシスでのモラ作品展は、明日(22日)の午後3時までとなっています。
 ※お知らせが遅くなり申し訳ありません。

 ※さんさんギャラリーオアシスに展示されている赤松さんの作品はこちらをご覧ください。

 モラづくりに興味を持たれた方は、赤松えり子さん FAX・TEL:0794-82-0399までご連絡ください。※FAXをお持ちのかたは、FAXでの連絡をお願いします。
d0107394_15293357.jpg
 さんさんギャラリーオアシスは、

 場所:三木市緑が丘町中1丁目8-40
 開館時間:午前9時~午後5時
 休館日:水曜日
 利用していただける内容
 ・作品、コレクションの展示、鑑賞
 ・子どもから高齢者までの憩いの場
 ・観光案内所
 ・会議室 

 などにご利用いただけます。 

 詳しくは、三木市教育委員会 教育振興部 文化スポーツ振興課 文化芸術グループ 0794-89-2401までお問い合わせください。

 あなたの一生懸命さ、私たちに見せてください・・・・・
 ・・・・・・・その心をほんの少し分けてください・・・・・・
 この街角ギャラリーには、いろんな人の思いや、あたたかい心が通っています。
 その心を少しでも感じていただけたらと開きました。

 作品を飾ったり、見たり、休憩、暇つぶし、おしゃべりに
 どうかお友達を誘って立ち寄ってみてください。
 「来たよ」と、気軽にスタッフに声をかけてください。
d0107394_17214633.gif

by oniwabann | 2009-01-21 17:30 | みき人物館 | Comments(6)
 三木商工会議所青年部では、全国の実情を熟知した最強の地域アナリストである藻谷浩介氏(日本政策投資銀行 地域振興部 参事役)を招かれ、三木市を鋭く読み解いていただくなかで、三木市を元気な町とする為に何が必要なのか・何をしなければならないのかを提案いただきます。
 三木市が豊かで住み良いまちとなるよう願う皆様におかれましても、今後の活動に役立つ講演であると考えますので是非ご参加下さい。

日時;平成21年2月14日(土曜日) 受付;12:30~
講演;13:00~16:00 (テーマ:三木市で今何をなすべきか)
講演者 藻谷浩介氏
場所:三木商工会館(三木市本町2丁目) 4階 大会議室      
参加費:無料
応募締め切り:定員100名をもって締め切り

講師プロフィール:藻谷浩介(もたにこうすけ)氏
 日本政策投資銀行 地域振興部参事役。平成合併前、3200市町村の99.9%を訪問した経験を持ち、自らの目で確かめた情報をもとに、年間400回以上の講演などから地域活性化のヒントを発信し続ける。著書に「実測!ニッポンの地域力」など

申込み先・方法
 氏名・連絡先(TEL)・三木市創造セミナー参加希望と記入し、三木商工会議所 青年部まで、FAXにてお申し込み下さい(FAX:0794-82-3192)

お問い合わせ先
三木商工会議所事務局 FAX82-3192 TEL 82-3190
担当:齊藤・赤松
※本申込書にご記入頂きました個人情報は「三木市創生セミナー」のみに使用させて頂きます。
by oniwabann | 2009-01-20 20:26 | お知らせ | Comments(0)

三木鬼追い式

 鬼追い式は、江戸時代の初め頃から月輪寺で、修正会(しゅしょうえ)追儺式として行なわれていましたが、昭和14年に中断されました。昭和38年に大宮八幡宮と月輪寺の協力で有志による三木鬼追い保存会が発足し、神仏習合の形で鬼追い式が復活しました。
d0107394_1656292.jpg
 「アー オーニゴン ハリー」の掛け声や法螺貝、太鼓等の音にあわせて、赤鬼、黒鬼の大鬼と子鬼の踊りが始まります。
 ※「アー オーニゴン ハりー」とは、さあ始まりますよ、鬼さん頑張れ!という意味があるそうです。
d0107394_16565646.jpg
 月輪寺で祈祷を受けた鬼は文殊堂、不動尊を回向し、大宮八幡宮拝殿に参拝しご神火を松明に移し、鳥居石段上から松明を打ち振るい町と人々の安寧を祈願したのち、赤鬼、黒鬼の大鬼と子鬼の踊りが行なわれます。
d0107394_16571277.jpg
 善鬼は、とてもめずらしく、兵庫県と大分県にしかいないといわれています。 
d0107394_16573043.jpg
 鬼達による餅つきや餅まきも行なわれました。
d0107394_1775547.jpg

d0107394_16575920.jpg
 雨の中、保存会の皆さん、ありがとうございました。
 
※350年の歴史を誇る三木鬼追いを続けていくため、保存会では、寄付金を募られています。会場である大宮八幡宮でも寄附できますので、来年、よろしくお願いします。

 
by oniwabann | 2009-01-18 17:16 | みきの歴史と文化 | Comments(0)