兵庫県三木市の情報をどんどん発信!三木市役所職員JJによるブログ。


by oniwabann
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

<   2012年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧

 未曽有の被害をもたらした東日本大震災から10カ月余が経過しました。被災地では、懸命な復旧・復興作業が続いいます。そんな被災地を少しでも応援しようと昨年の12月23日、兵庫県三木市内の中高生82人が冬休みを利用して宮城県南三陸町を訪れ、義援金や手作りの雑巾を届けたほか、仮設住宅の清掃活動などに取り組みました。

 今回(③)は、宮城県立志津川高校で志津川高校と兵庫県立三木北高校の野球部・剣道部が合同で行った練習の様子を掲載します。
d0107394_10552354.jpg
d0107394_10554233.jpg

d0107394_10563368.jpg

 ↑(動画)野球部の合同練習
d0107394_10565327.jpg
d0107394_11073.jpg
d0107394_1104135.jpg
 
d0107394_1105880.jpg
 三木高校からは志津川高校へは硬球が、
d0107394_1111069.jpg
 志津川高校から三木高校へは南三陸町の特産品である「わかめ」と「学校のカレンダー」、震災の記録写真集が送られました。
 ↑(動画)三木北高校から志津川高校へのエールが送られました。
d0107394_1114092.jpg

d0107394_1121773.jpg
d0107394_1122740.jpg
 三木北高校生を見送る志津川高校のみなさん。
d0107394_1124157.jpg
 2時間あまりの短い時間でしたが、ともに汗を流すことで友情の絆ができました。

 参加した高校生は、「被災地に来て考えが変わった。『助けたい』と思うだけでなく、もっと被災者に直接関わっていきたい」と話してくれました。

 被災地の復興はこれからです。被災地の特産品を購入することも、復興支援の一つ。できることから取り組んでみませんか。

 
⇒ ②三木市内の中高生82人が南三陸町立志津川小学校にある仮設住宅で清掃活動に取り組んだ様子

⇒ ①南三陸町防災庁舎到着からベイサイドアリーナ(写真展見学)、南三陸町立志津川小学校訪問(義援金・ベルマーク・雑巾を寄贈)まで
by oniwabann | 2012-01-31 11:32 | 取材日記 | Comments(0)
 未曽有の被害をもたらした東日本大震災から10カ月余が経過しました。被災地では、懸命な復旧・復興作業が続いいます。そんな被災地を少しでも応援しようと昨年の12月23日、兵庫県三木市内の中高生82人が冬休みを利用して宮城県南三陸町を訪れ、義援金や手作りの雑巾を届けたほか、仮設住宅の清掃活動などに取り組みました。

 今回(②)は、三木市内の中高生82人が南三陸町立志津川小学校にある仮設住宅で清掃活動に取り組んだ様子を掲載します。

⇒ 南三陸町防災庁舎到着からベイサイドアリーナ(写真展見学)、南三陸町立志津川小学校訪問(義援金・ベルマーク・雑巾を寄贈)まではこちらをご覧ください。
d0107394_15354678.jpg
 被災地で活動を続けるボランティアから清掃方法の説明を受ける学生たち。 
d0107394_1536599.jpg
 掃除前には、1軒ごと挨拶に回り、 
d0107394_1537538.jpg
 三木市から持参したお土産「長治煎餅」を手渡しました。
d0107394_15363515.jpg
 まずは、窓ふきからです。 
d0107394_15364856.jpg
 被災地のため懸命に取り組みました。 
d0107394_15384010.jpg
d0107394_15385723.jpg
d0107394_15394947.jpg
 水では雑巾を洗う手が冷たかろうと、お湯を提供してくれたお母さん。 
d0107394_15401022.jpg
 温かい飲み物を提供してくれたお母さん。心も体も温かくなりました。ありがとうございました。
d0107394_15403783.jpg
d0107394_15405592.jpg
d0107394_15411761.jpg
 昼食時、外では寒かろうと暖かい室内に招いてくれた工藤さんご夫婦。 
d0107394_15413026.jpg
 地震で、南三陸町役場で働く結婚間もない娘さんを亡くされました。新築して4カ月の自宅も津波で流され、漁師の仕事にもいつ復帰できるかわからない状況の中、「考えても悲しんでも仕方がない。前を向いていく」と力強く話されました。 
d0107394_15432134.jpg
d0107394_15441058.jpg
d0107394_15445847.jpg
 集会所の床掃除。
d0107394_15443469.jpg
 現地の子どもたちもお手伝い。
d0107394_15452813.jpg
 昼食をはさんで、午後からは、デッキのニス塗り。 
d0107394_15455696.jpg
 このデッキは、ボランティアで南三陸町を訪問した工業大学の学生たちが作製したものです。 
d0107394_1675689.jpg
 なんと、被災地で活動するボランティアに三木市から参加している岸本耀さん(21歳)に出会いました。自由中・三木高出身で現在は大学を休学して被災地でのボランティア活動に取り組まれています。
d0107394_1547365.jpg
 12月23日の海はとても穏やかでした。

 ③では、宮城県立志津川高校での部活動交流を掲載します。
by oniwabann | 2012-01-30 15:48 | 取材日記 | Comments(0)
 誰もが気軽に楽しめるウインタースポーツの本命スポット、グリーンピア三木の「アイススケート」。
 手すり付リンクで初めての人でも少しずつ氷に慣れることから練習できます。山や青空をバックに滑るのは爽快で開放感抜群!
d0107394_11252756.jpg
営業期間 3月4日(日)まで
営業時間 10:00~17:00(受付16:00終了)
 ナイター営業 土曜と3月4日 17:00~21:00(受付20:00終了)

利用料金
 平日   大人1,000円、小人  700円
 土日祝  大人1,500円、小人1,000円
 ナイター 大人  500円、小人  300円
 ※大人(中学生以上)・小人(4才以上)
 ※4才未満のお子様は貸靴のみ有料
 ※ナイターは女性入場者無料(但し貸靴別途500円)

 貸靴(15~30㎝、但し15~21㎝は1.0㎝単位) 500円
 見学 300円 
 持込可能シューズ ホッケー、フィギュア、インドアショート ※ただし、トゥーガード使用

スケート教室が開催されています(無料)
 開催日 1月29日、2月5日.12日.19日
 開催時間 13:00~14:00
 1日20名(初心者)限定 


 ⇒ 「スケート」と「温泉」と「ランチ」がセットになったお得な「冬得パック」 もあります。

 ⇒ シーズンパスポートや団体割引などもあります。詳しくは、こちらをご覧ください。

 問:0794-83-5211 グリーンピア三木 
by oniwabann | 2012-01-29 11:40 | スポーツ | Comments(0)
 神戸電鉄各駅に設置された「スタンプ帳」(ウォーキングマップ付き)から参加コースを選び、スタート駅またはゴール駅に設けたスタンプを集め、コース途中にヒントが隠された歴史クイズに解答し、ウォーキングを楽しむ「神鉄粟生線 ウォークdeスタンプ&クイズラリー」が3月11日まで開催されています。 

 必要なスタンプやクイズの解答をそろえたコース達成状況に応じて(歴史探訪2コース踏破、歴史探訪全6コース踏破、粟生線全線踏破)、それぞれ踏破記念のオリジナル賞品(非売品)が進呈されます。賞品の引き換えは、引換駅(鈴蘭台駅、岡場駅、志染駅)の駅窓口でアンケートに記入のうえ、スタンプ台紙を呈示してください。(賞品引換期間は平成24年3月18日(日)まで)

三木市内で開催される「粟生線ウォ―キングイベント」

志染の石室御坂サイフォンを訪ねるコース」 ガイドボランティアみき同行 
 日時 1 月29 日(日)午前10時 緑が丘駅集合
     緑が丘駅~志染の石室~緑が丘駅、約14 キロ

湯の山街道三木城址を訪ねるコース」 受付先着150人まで
 日時 2 月26 日(日)午前10時 恵比須駅集合 ガイドボランティアみき同行  
     恵比須駅~湯の山街道~三木駅 

ラリーに関する問い合わせ 
 神鉄グループ総合案内所 078-592-4611 神鉄コミュニケーションズ 078-521-0321
当日の中止・決行の問い合わせ
 鈴蘭台駅 078-591-0064 岡場駅 078-982-6193
d0107394_9395729.jpg
d0107394_940985.jpg

by oniwabann | 2012-01-28 15:56 | お知らせ | Comments(0)
 1月31日まで三木市役所のみっきぃホールで第5回「いきがい作品展」が開催されています。
 出展は、「うれしの学園生涯大学三木支部(三木、神戸、明石、三田)」の在学生・同窓会とその家族、クラブ関係者の皆様の協力によるものです。
 作品は、書道をはじめ、絵画、俳句、川柳、短歌、写真、染色、手芸、工芸、木彫、陶芸、園芸の12部門。89人の作品約160点が展示されています。
 日頃、「うれしの学園生涯大学」で学びながら、クラブ活動の中で培った成果や地域の中で研鑽して出来上がったすばらしい作品です。
d0107394_151499.jpg
d0107394_1515794.jpg
d0107394_1522082.jpg
 なお、三木支部では、高齢者や障がい者施設などのイベントのサポートをしているほか、クリーン作戦として道路やグリーンピア三木のゴミ拾いを行うなど、地域ボランティアとしても積極的に取り組まれています。
 支部長の藤田一之さんは、「作品展が地域の皆様とのふれあいのきっかけになればありがたい。また、「うれしの学園生涯大学」のことを少しでも知っていただき、入学してもらえればうれしい。今後ともさらに研鑽を積み重ね、常に目標を持って精進します」と話されていました。
 会期:1月27日(金)~31日(火)午前9時~午後5時(最終日は、午後3時まで)
by oniwabann | 2012-01-27 16:00 | お知らせ | Comments(0)
幼児から高齢者まで2,000人を超えるランナーが、春の三木総合防災公園を駆け抜ける「みっきぃふれあいマラソン」の参加者を募集しています。

日時 平成24年3月18日(日) 雨天決行
    受付7:50~10:00 開会式8:50~ スタート9:20~
会場 三木総合防災公園 陸上競技場 

 ⇒ 詳しくは、こちらをご覧ください。 
d0107394_158442.jpg
男子10km
 1部 高校生~29歳、2部 30~39歳、3部 40~49歳、4部 50~59歳、5部 60歳以上
女子10km
 6部 高校生~29歳、7部 30~39歳、8部 40~49歳、9部 50歳以上
男子5km
 10部 高校生~29歳、11部 30~39歳、12部 40~49歳、13部 50~59歳、14部 60歳以上
女子5km
 15部 高校生~29歳、16部 30~39歳、17部 40~49歳、18部 50歳以上
中学生5km
 19部 男子中学生、20部 女子中学生
小学性1.5km
 21部 1年男子、22部 1年女子、23部 2年男子、24部 2年女子、25部 3年男子、26部 3年女子、27部 4年男子、28部 4年女子、29部 5年男子、30部 5年女子、31部 6年男子、32部 6年女子
ファミリー1.1km 33部

参加料(保険料含む)
 小学生500円、中学生1,000円、高校生1,500円、一般3,000円、ファミリー 300円(1人につき)
 
所定の申込書に必要事項を記入し、参加料を添えて
①郵便局より払込
②郵便小為替、現金書留で郵送
③事務局へ持参
インターネット(ランテス)
のいずれかの方法でお申し込みください。
※申込書は1人につき1枚必要です。
※高校生以下は、誓約書に捺印を忘れないようにしてください。
申込期限 平成24年1月31日(火)消印有効

問い合わせ 
 みっきぃふれあいマラソン事務局
  〒673-0492 三木市上の丸町10-30 三木市教育委員会事務局 文化スポーツ振興課内
  TEL 0794-89-2401(平日8:30~17:00)/FAX 0794-83-3699
d0107394_15541961.jpg

by oniwabann | 2012-01-27 09:36 | スポーツ | Comments(0)
 テニス男女の国別対抗戦「デビスカップ」と「フェドカップ」が2週連続で兵庫県三木市のブルボンビーンズドームで開催されます。「デビスカップ」と「フェドカップ」のワールドグループ戦が同一会場で2週連続で開催されることは大会史上初めてだそうです。
d0107394_23143622.jpg
 テニス男子の国別対抗戦「デビスカップ」のワールドグループ・1回戦、日本対クロアチア戦は2月10日~12日に兵庫県三木市のブルボンビーンズドームで開催されます。
 日本代表は、全豪オープンベスト8の錦織圭選手をはじめ、添田豪選手、伊藤竜馬選手、杉田祐一選手の4人。

日時 2月10日(金) 13:00~ シングルス 2試合
    2月11日(土) 13:00~ ダブルス 1試合
    2月12日(日) 13:00~ シングルス 2試合(※)  
    ※デビスカップ新ルールにより最終日は1試合のみの実施となる場合があります。
会場 ブルボンビーンズドーム(兵庫県三木市志染町三津田1708)
    電話:0794-85-8413 
d0107394_2315347.jpg
 テニス女子の国別対抗戦「フェドカップ」のワールドグループ2・1回戦、日本対スロベニア戦は2月4日、5日と兵庫県三木市のブルボンビーンズドームで開催されます。
 代表は、森田あゆみ選手、クルム伊達公子選手、奈良くるみ選手、藤原里華選手の4人。

日時 2月4日(土) 12:00~ シングルス2試合
    2月5日(日) 11:00~ シングルス2試合・ダブルス1試合
会場 ブルボンビーンズドーム(兵庫県三木市志染町三津田1708)
    電話:0794-85-8413
d0107394_23144753.jpg

by oniwabann | 2012-01-26 00:14 | スポーツ | Comments(0)
 神戸電鉄粟生線は、三木市になくてはならない鉄道です。
 このたび、粟生線の存続に向けた機運を高めるため、「乗って残そう粟生線のある未来の生活」をテーマに、「神戸電鉄粟生線活性化シンポジウム」が開催されます。
 粟生線を存続させていくためには、私たち一人ひとりにできることはなにかなど、沿線地域の皆様で粟生線の存続・活性化などを語り合いませんか。
 日時:2月19日(日) 午後1時~4時(午後0時30分開場)
 場所:三木市文化会館 小ホール
 定員:300人(参加無料、先着順、申込不要)
 内容:基調講演、取組報告、パネルディスカッションなど
     基調講演
      テーマ:持続可能な公共交通と粟生線の活性化
      講演者:土井 勉さん(京都大学大学院特定教授、粟生線活性化協議会座長)
d0107394_134236.jpg
d0107394_13421312.jpg
 

 主催:神戸電鉄粟生線活性化協議会
by oniwabann | 2012-01-25 13:49 | お知らせ | Comments(0)
 未曽有の被害をもたらした東日本大震災から10カ月余が経過しました。被災地では、懸命な復旧・復興作業が続いいます。そんな被災地を少しでも応援しようと昨年の12月23日、兵庫県三木市内の中高生82人が冬休みを利用して宮城県南三陸町を訪れ、義援金や手作りの雑巾を届けたほか、仮設住宅の清掃活動などに取り組みました。

 今回(①)は、南三陸町防災庁舎到着からベイサイドアリーナ(写真展見学)、南三陸町立志津川小学校訪問(義援金・ベルマーク・雑巾を寄贈)までを掲載します。
d0107394_16451011.jpg
 兵庫県三木市役所を出発してから、まもなく15時間が経過しようとしたころ、バスの窓から飛び込んできたのは、愕然とする景色。
 山の斜面に流れついた数十トンもありそうなコンクリートの塊、基礎だけが残された住宅の跡地、高さ10m以上に積まれた瓦礫の山など、大地震による津波の恐ろしさを感じながら、23日午前8時前に南三陸町防災対策庁舎に到着。庁舎前で献花の後、全員で黙とうを捧げ、犠牲者の冥福を祈りました。
d0107394_16453053.jpg
d0107394_1645525.jpg
d0107394_16463870.jpg
d0107394_16482516.jpg
d0107394_16483711.jpg
 その後、南三陸町役場(仮庁舎)があるベイサイドアリーナへ。震災直後や震災前の南三陸町の街並みなどが撮影された写真展を見学しました。
d0107394_16495218.jpg
 
d0107394_16495868.jpg
d0107394_1650988.jpg
 午前9時に南三陸町立志津川小学校へ。


 ↑↓南三陸町立志津川小学校の山内教頭に義援金などの目録を手渡す学生代表(動画)

 訪問のきっかけは、昨年8月に三木市ユネスコ協会が主催した「学生平和サミットin三木」。三木市内の中高生が集い、南三陸町内の学校への支援策を話し合いました。
 その後4カ月間、学生たちは、サミットで提案した募金活動や雑巾(応援メッセージ入り)づくりなどを続け、この度、南三陸町立志津川小学校に手作りの雑巾700枚・ベルマーク10万円分・義援金48万円を届けたほか、宮城県立志津川高校に義援金20万円を送りました。

 三木東高校の同窓会(武塚会)も義援金を送りました。


d0107394_1656152.jpg
 ↑手づくりの雑巾
d0107394_16562575.jpg
 ↑なでしこジャパンのメンバーでもある澤選手や川澄選手が所属するINAC KOBEからもサイン入り応援メッセージが届きました。
d0107394_1654385.jpg
 ↑三木市ユネスコ協会からは宮澤賢治の「雨ニモマケズ・・・」を書いた書が送られました。


 ↑山内教頭先生から震災当日のことや震災後の避難生活のことなどを話していただきました。(動画)
d0107394_1656361.jpg
 ↑右に見える白い建物が仮設住宅

 ②では、仮設住宅での清掃活動。③では、宮城県立志津川高校での部活動交流を掲載します。
by oniwabann | 2012-01-24 18:04 | 取材日記 | Comments(0)
 1月25日まで三木市役所みっきぃホール(三木市上の丸町)でシルバー人材センターの会員による第15回「シルバー会員作品展」が開催されています。
 作品展は、毎年開催されており、今回が15回目。日本画や洋画をはじめ、書、写真、手芸、文芸、工芸部門の69点が展示されています。
d0107394_11254712.jpg
d0107394_1126027.jpg
d0107394_11261342.jpg

 同センター理事の小笠原さんによると、「会員は約850人。隠れた才能を持っておられる方も多いので、このような作品展に出してほしい。作品を創作することで、認知症の防止にもつながるほか、存在感や自覚が高まるものと思っている。また、一昨年の8月に6つのサークル(歩こう会、ゴルフ、グラウンドゴルフ、カラオケ、写真、囲碁・将棋の同好会)ができているが、書や手芸など、他のサークルも増えるように広げていきたい。」と話されています。
 ぜひ、みっきぃホールをのぞいてみてください。

会期:1月23日(月)~25日(水) 
時間   23日:午後1時~4時30分
      24日:午前9時~午後4時30分
      25日:午前9時~午後4時まで

問 社団法人 三木市シルバー人材センター 電話0794-82-0600
by oniwabann | 2012-01-23 12:10 | お知らせ | Comments(0)