兵庫県三木市の情報をどんどん発信!三木市役所職員JJによるブログ。


by oniwabann
カレンダー

<   2016年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 2月20日(土)、三木市文化会館(三木市福井1937)で「爆笑よしもとお笑いライブin三木」が開催されます。チケットは現在発売中です。詳細はお問い合わせください。
d0107394_14411134.jpg

【日時】
平成28年2月20日(土)
①午前11時30分 開演(午前11時開場)
②午後3時 開演 (午後2時30分開場)

【場所】
三木市文化会館  大ホール
(三木市福井1937番地)

【出演】
・中川家
・笑い飯
・モンスターエンジン
・もりやすバンバンビガロ
・和牛
・吉本新喜劇 : 辻本茂雄、アキ、伊賀健二、平山昌雄
※都合により出演者が変更になる場合があります。

【料金】
前売り4,000円(税込・全指定席)
当日500円UP
※ 5歳以上有料、4歳以下膝上のみ無料。但し、お席が必要な場合は有料。

【チケットの予約・問い合わせ】
チケットよしもと ☎0570-550-100
(24時間受付※問い合わせは午前10時~午後7時)

三木市文化会館 ☎0794-83-3300

【主催】  公益財団法人三木市文化振興財団
     株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー

三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-01-29 14:45 | イベント☆ | Comments(0)

三木山森の音楽祭2016

 三木山森林公園で「三木山森の音楽祭2016-風見鶏サロンオーケストラと共に-」が開催されます。「夢見るバレンタインコンサート&ランチ」では、旬彩レストランデルパパでバレンタイン特別ランチを満喫していただき、バレンタインコンサートお楽しみいただけます。また、入場無料でART100新作展も行なわれています。ご来場された際は、ぜひご覧ください。

d0107394_1753461.jpg

d0107394_175505.jpg

●夢見るバレンタインコンサート&ランチ】
【日時】平成28年2月14日(日)
ランチ:午後0時~2時(雨天決行)
コンサート:午後2時~4時

【受付場所】
兵庫県立三木山森林公園 森の文化館 2階ロビー

【対象】
どなたでも

【定員】
200名(要申込)

【料金】
大人2,600円
小学生2,000円
幼児1,500円
3歳以下無料

【コンサート内容】 愛の調べ特集!
曲目 禁じられた遊び、シクラメンのかほり、涙そうそう 他
●Ⅰ部 出演者:中嶋常乃さん(ソプラノ)、中嶋將晴さん(ホルン&テノール)、佐野健二さん(ギター)、上田あづ紗さん(ハープ)
●Ⅱ部 田邊安紀恵さん(ピアノ)、芳井虹太郎さん(オーボエ)…愛の夢、ロミオとジュリエット ほか
●Ⅲ部 音楽で紡ぐ夢物語…「ピーターと狼」
 語り:中嶋將晴 イラスト:トラジ ピアノ:阪田みゆき、脚本:藤野正
♪お客様とごいっしょに…「アナと雪の女王~ありのままで」(歌唱指導付)

—―同日開催―――――――—――――――――――

【ART100新作展】
全国から個性的な作品が集結します。バレンタインをテーマにした新作も展示されます。

【場所】
兵庫県立三木山森林公園 森の文化館1階ホワイエ

【対象】
どなたでも

【料金】
無料
――――――――――――――同日開催――――


【問い合わせ先・申込先】
兵庫県立三木山森林公園(午前9時~午後5時)
休園:水曜
☎0794-83-6100

三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-01-29 08:30 | イベント☆ | Comments(0)
 三木市観光協会から「金物と酒米とゴルフのまち三木」をPRするため、トートバックが発売されています。ふるさと三木応援大使でイラストレーターのこゆりさんが考案したかわいらしいキャラクターがトートバックにプリントされB4サイズのタテ型とA4サイズのヨコ型があり、用途にあわせて使用できます。エコバックとしても使えるほか、市外のお友達やご家族の方などにお土産としてのご購入も!またこのほかにも三木市観光協会ではタオルハンカチなどいろいろな商品を発売しています。ぜひ、この機会にお買い求めください。
d0107394_1664223.jpg



【トートバック】
●タテ型
d0107394_1672643.jpg

【値段】各900円(税込)
【サイズ】W30×H36×D14
【色】ナチュラルブラウン・ターコイズ・ホットピンク
・ポリエステル100%

●ヨコ型
d0107394_168687.jpg

【値段】各1,000円(税込)
【サイズ】W32×H25×D10
【色】ネイビー・ライム
・綿100%
d0107394_16101870.jpg

【発売場所】
三木市観光協会 午前10~午後5時
定休日:火曜

【問い合わせ先】
三木市観光協会 ☎0794-83-8400

 
三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-01-28 16:24 | みきのいいもん | Comments(0)

大きな声で「はい」

 12月9日、三樹小学校で低学年はカルタ大会、中・高学年は百人一首大会が開催されました。
d0107394_1618054.jpg

 低学年は教室で、中・高学年は体育館で行われ、「はい」という大きな声で札をとっていました。
 百人一首では、中・高学年の混合グループになり、グループで協力して札の枚数を競いあっていました。
d0107394_15142615.jpg

三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-01-28 16:13 | Comments(0)
 2月7日(日)、三木市の無形民族文化財である蓮花寺(口吉川町蓮花寺)で約800年の伝統がある鬼踊り(追儺式)が開催されます。
d0107394_16235460.jpg

 蓮花寺本堂で大般若経の転読に続き、親鬼と子鬼各でタイマツを持った迫力満点の厄払いの踊りをみせます。その後餅まきも行なわれます。伝統ある節分の名物行事をぜひご覧ください。
d0107394_1624894.jpg

【日時】
平成28年2月7日(日)
午後1時30分~
d0107394_16242192.jpg

【場所】
蓮花寺(兵庫県三木市口吉川町蓮花寺187 )

【問い合わせ先】
・蓮花寺 ☎0794-88-0013
三木市観光協会 ☎0794-83-8400

三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-01-27 16:27 | みきの歴史と文化 | Comments(0)
 12月4日快晴。肌寒い中、上吉川小学校で校内持久走大会が行われました。子どもたちは、低学年・中学年・高学年にわかれ、学校周辺の農道でタイムを競いました。
d0107394_16431329.jpg

 まずは、準備体操。そして、「自分に勝つことが大切」と校長先生からの言葉を胸にいざ!農道へ出て、ウオーミングアップ。
d0107394_1644913.jpg

子どもたちは、落ち着いていたり、少し緊張していたりと、いろいろな思いを抱いて、スタート!!
d0107394_16445522.jpg

 平坦な道を走るだけではなく、坂もあり、見ているだけで大変そうでした。友達や保護者の方の応援もあり、児童全員が走り切りました。
d0107394_16484295.jpg

d0107394_16493967.jpg

 上吉川小学校の児童のみなさん、自分に勝つことはできましたでしょうか。お疲れさまでした。

三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-01-26 16:52 | こんなことありました | Comments(0)
d0107394_1627298.jpg

 1月28日(木)、慈眼寺で「三宝荒神祭」が行われます。毎年1月28日に行われ、市内外から大勢の参拝者が訪れます。午後3時からは特設のやぐらからお餅や紙に包まれたお金がまかれます。
d0107394_1616143.jpg

 「三宝荒神」(さんぽうこうじん)の意味を辞書で引くと「仏・法・僧の三宝を守護するという神。不浄を忌み、火を好むというところから、近世以降、かまどの神として祭る。」と記されていました。
d0107394_16161928.jpg

 また、慈眼寺では「鼠小僧次郎吉」(ねずみこうぞうじろきち)のお墓が修復されています。
d0107394_16164157.jpg
 「鼠小僧次郎吉」の墓石の破片を所持していると賭け事に勝つという縁起から、墓石を欠損していく人が多いそうで、現在は祠の中に保護されています。祠からお墓を見ることはできますので、この機会にぜひ見に行かれてみてはいかがでしょうか。

【日時】
平成28年1月28日(木)
午前10時~ お守り、お札の授与
午後3時~ 餅まき

【場所】
慈眼寺
(三木市久留美)

【問い合わせ】
三木市観光協会 
☎0794-83-8400

三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-01-25 17:00 | みきの歴史と文化 | Comments(0)


 三木市では786人の方が新たに成人となり、1月10日に三木市文化会館にて三木市成人式が開催されました。新成人を代表して、井上寧々さんが「二十歳の誓い」を述べられました。


本日は、私たちが新成人としての第一歩を踏み出すにあたり、このような盛大な式典を催していただき、誠にありがとうございます。藪本市長様をはじめ、ご来賓の方々からいただいた温かいお祝いの言葉、大変嬉しく思っております。

新成人を代表いたしまして心よりお礼申し上げます。

私たち新成人は、阪神淡路大震災直後の不安と混乱の中で生まれました。形を変えた街並み、犠牲になられた尊い生命、自分の中の記憶として実際に残っているわけではありませんが、被災地でもあるこの地に生まれ、映像を通して幾度もその光景を目にしてきました。

今、力強く復興を果たした街に佇む時、先人の方々の苦難を乗り越える並々ならぬ想いと努力に胸が熱くなります。決して忘れることなく、心を寄せていかなくてはなりません。

私自身、これまでの月日を振り返ると、様々な思い出がよみがえってきます。

学び、得ることの楽しさ、集団の中で共に何かを創り上げていくこと、友達と一緒に行動することの大切さと喜びを感じた小学校時代。運動会や音楽会など、どれをとっても楽しい思い出です。

中学生となって、自分自身のこと、友人関係のこと、悩むことも多くありましたが、その都度、周りの友達や先生方の支えで前へ進むことができました。

高校時代は部活動に明け暮れました。勉強との両立は私には大変困難でしたが、志を持った個性豊かな友達と懸命の指導をしてくださった先生方との出会いで乗り越えることができました。今から思うと、真の仲間作りができた高校時代であったと思います。

時には泣いたことも、怒ったこともあり、自分が傷つき、人を傷つけたこともありました。反省することも沢山あるけど、こうして思い返す今、いつの時も寄り添ってくれた両親や友達、導いてくださった先生方に対し、感謝の気持ちでいっぱいです。たくさんの出会いが、今の私を、そしてこれからの私を支えてくれます。

私は、この生まれ育った三木市が大好きです。

毎日の帰り道、福有橋から眺める景色。川の流れは私に問います。「お疲れさま」「今日はどうだった?」城山は私に語りかけます。「元気を出して」「明日もがんばってね」

嬉しい時も辛い時も、大好きな景色がいつも私を見守り励ましてくれました。

私の通っていた高校の卒業式で、校長先生がこんな言葉を贈ってくださいました。

『人は誰もが神様から一通の封筒を受け取って生まれてくる。しかし、封筒を開けないまま人生を終わる人もいる。』

森信三という教育哲学者の言葉です。

人は果たすべき何かを持って生まれてくるのです。社会において果たすべき使命感を自覚し、世のため、人のためになりたいという気持ちを持ち続けることが必要です。一人ひとり、皆異なった良さを持ってこの世に生を受けました。誰にでも、その良さを発揮し、世の発展に貢献するチャンスがあるということです。

社会人として一歩を踏み出す今、改めてこの言葉の意味を深く胸に刻みたいと思います。

私は今、小学校教諭という夢に向かって勉強をしています。まだまだ未熟な私ですが、自分を磨き、人との繋がりを大切にしながら、今まで沢山の方々からいただいた愛を少しでも返せるように。いつか私も、誰かに寄り添い、そして誰かの支えになれるように。

私たちは、多くの思いを胸に今日、「おとな」として歩み出します。

私たちがこうして集い、笑顔で成人式を迎えることができるのは、私たちを支えてくれた両親や家族、教え導いてくださった先生方、私たちの成長を温かく見守ってくださった地域の方々、そして、共に歩んだ仲間たちのおかげです。この感謝の気持ちと、ふるさと三木で生まれ育った誇り、そして成人としての決意を忘れず、これからの人生を力強く歩んでいくことを誓って、新成人代表の挨拶といたします。

平成28年1月10日  新成人代表 井上 寧々

d0107394_16544943.jpg


三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!

d0107394_0211889.gif



by oniwabann | 2016-01-22 16:37 | 心に響いた言葉 | Comments(0)
 親鬼と子鬼が厄除けの踊りや大鬼による餅つき、餅まきが行われる「鬼追い式」が1月17日(日)、大宮八幡宮で営まれます。毎年、多くの方が来場されます。
d0107394_17253151.jpg

 鬼追い式は、江戸時代の初め頃から月輪寺で、修正会(しゅしょうえ)追儺式として行なわれていましたが、昭和14年に中断されました。昭和38年に大宮八幡宮と月輪寺の協力で有志による三木鬼追い保存会が発足し、神仏習合の形で鬼追い式が復活しました。
 月輪寺で祈祷を受けた鬼は文殊堂、不動尊を回向し、大宮八幡宮拝殿に参拝しご神火を松明に移し、鳥居石段上から松明を打ち振るい町と人々の安寧を祈願したのち、赤鬼、黒鬼の大鬼と子鬼の踊りが行なわれます。
d0107394_1726484.jpg

 また、大鬼による餅つきや餅まきも行なわれます。鬼踊りは3回行なわれます。「アーオーニゴン ハりー」の掛け声や法螺貝、太鼓等の音にあわせて、赤鬼、黒鬼の大鬼と子鬼の踊りが始まります。
 ※「アー オーニゴン ハりー」とは、さあ始まりますよ、鬼さん頑張れ!という意味があるそうです。
d0107394_17262178.jpg

【日時】
平成28年1月17日(日)
午前10時30分~、午後1時~、午後3時~(3回)

【場所】
大宮八幡宮(三木市本町2丁目)

【問い合わせ先】
三木市観光協会 ☎0794-83-8400

三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-01-16 08:30 | みきの歴史と文化 | Comments(0)
 毎年1月17日は、「別所公祥月命日」が行われます。
d0107394_1651437.jpg

 天正の世、当地を治めていた三木城主 別所長治公は、天下統一の野望に燃える織田信長の命を受けた羽柴秀吉と戦いの火蓋を切りました。
 自然の要害を巧みに利用した三木城が頑固なうえに、城兵の士気も高く、難攻不落であると悟った秀吉は、力攻めをあきらめ、兵糧攻めに切り替えました。これが世にいう有名な「三木の干し殺し」の始まりです。

 この奇策に耐えた城兵たちは、牛馬や草の根はもちろんのこと、壁土に塗り込まれたワラをも食したといわれています。

 天正8年(15780年)正月17日、羽柴秀吉の大軍と1年10か月戦い続けた別所長治公は、城兵の生命と領民の安全を第一義とし、「今はただ恨みもあらじ諸人の命にかわる我身と思えば」の辞世を残し、妻子一族と共に自決。
 このことから、毎年1月17日は、長治公を偲び、三木市の大恩人として後世に永く語り伝えるため、別所公奉賛会による祥月命日法要を雲龍寺で実施されています。

d0107394_16541931.jpg

 法要は10時から始まり、詩歌朗詠、別所公のお墓参り、うどん会などが行われます。


■うどん会
 当時の惨状を偲び、領民を思う公の遺志を後世に語り継ぐため、ワラに見立てたうどんを食べる伝統行事です。

【日時】
 平成28年1月17日(日) 午前10時~
 
【場所】 
 雲龍寺(三木市上の丸町9-4)
 ☎0794-82-0740

【行事内容】 
 本堂読経、詩歌朗詠、墓参り、うどん会


【問い合わせ】
 三木市市民ふれあい部 市民協働課
 ☎0794-82-2000

三木市内の情報は、兵庫県三木市のポータルサイト「みっきぃ情報ミュージアム」をご覧ください。情報発信もできます!
d0107394_0211889.gif

by oniwabann | 2016-01-15 16:56 | みきの歴史と文化 | Comments(0)