兵庫県三木市の情報をどんどん発信!三木市役所職員JJによるブログ。


by oniwabann
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 8月は「人権尊重のまちづくり推進強調月間」です。
 三木市では人権尊重のまちづくりを進めており、広報みきに毎月「人権の目」を掲載しています。
 本日は広報みき9月号に掲載される「人権の目」を少し早いですが、ご覧ください。
 ※「差別をなくする輪をひろげよう」市民運動 作文の部で優秀賞を受賞された作文もあわせて掲載します。※広報みき9月号に掲載します。

 今日的な生き方として欠かせない人権教育。兵庫県下の大学においても、その取り組みが見直されてきた。根本は、いかに自己自身の課題として受け止めるかである。以前私が勤めていた女子大でも、学生が各自の生き方を振り返り、社会的な立場を語る中で、人としてあるべき姿勢を問い直す学習を重ねてきた。次掲の学生レポートがそれである。

 私も20歳になる神戸市の女子大に通う学生です。このことは、ここに居られる皆さんと少しも変わりはないでしょう。ただ「被差別部落に生まれた」というだけで、皆さんとは少し違った体験をしてきました。
 私が小学校3年生になった時、父が「部落差別というものがある。私たちの住んでいる所も被差別部落なんだよ。」と話してくれました。私が「何で?今まで友だちから差別されたことなんかないよ。」と言うと、「今はなくとも、この先大人になってから出会うかも知れないから。」と父が語ってくれました。私は幼くてよく分かりませんでしたが、「なぜ、そんなことがあるのだろう?」と理不尽な気持ちで一杯になりました。
 小学校4年生になり、週に1回学校が終わってから解放学級に通うようになりました。地域の公民館で小学4年生、5年生、6年生が集まって、学年に分かれて算数や国語の勉強をしました。学校からは担当の先生が交代で来られ、私たちの勉強を見たり、いろいろな話をしたりしてくれました。この学級は皆仲が良くて、まるで誰かの家に集まり宿題をしているような雰囲気でした。
 ここでの学習は教科の勉強だけでなく、学年の枠を越えて、球技大会やキャンプ、クリスマス会や読書会、工場見学などのたくさんの行事がありました。部落問題については、「人権学習」として学び、正しい知識を得ることができました。何よりも差別に出会った時、胸を張って「それは、おかしい!」と言える自分づくりと、自分を支えてくれる仲間づくりが、この学級の大きな目的であり、今それが達成できたと思っています。
 中学校を卒業するまで私は、解放学級で学んできましたが、学校の方の同和学習は上辺だけといった感じで、私たちの校区に被差別地区があることを知らない友がいました。ある日、私たちの地区は集まるようにと指示されました。その時地区外の友から「何であなたの地区だけ集まるの?」と聞かれ、私は部落差別や解放学級について説明しました。するとその子は「ああ、あそこが同和地区やったのか、知らなかった。だけど貴女が女の子で良かったね。うちのおばあちゃんが、同和地区の子とは結婚したらあかんと言っていて、私とあなたは女同士、結婚することはないから。」と言われました。
 何だか目の前が真っ暗になった気がしました。その子がもっと理解していれば・・・・。正しい知識を持たず、ただおばあさんが言ったことを鵜呑みにして、二人は女同士だから仲良くしようと気遣って当たり障りのないよう言ったのだと思います。その子には何の悪気もないし、無邪気な一言なので責められません。
 しかし私は傷つきました。もっと学校で、十分な同和教育をしていれば、彼女の間違いを容易に解きほぐすことができたのに。そして、おばあさんの考えについても、彼女自身が正してくれたであろうと思うと、残念でしかたがありません。無知がどれほど怖いか、仲の良い友だちだっただけに、その後の関係までギクシャクしたものになりました。今まで直接出会ったことがなかった部落差別、それがすぐそこにあることに気づいた瞬間でした。
 こうした内容を、受講するクラスメートを信頼して語る彼女は、自分の気持ちを奮い立たせ、新しい第一歩を踏み出そうとしている。彼女の立場宣言は、教師を目指す女子大生に、大きな衝撃と明るい希望を与えた。
 今、解放学級は、「地域に学ぶ体験学習支援事業」として再生しているところもある。差別・被差別の立場を超え、大きな広がりを見せた人権教育。仲間と共に自己変容の姿を開示しながら、人間の生き方の基本を極める教育として、その原点をここに見るのである。

甲南女子大学人権教育担当 大髙 忠

<略歴>兵庫教育大学附属中学校副校長、加古川市公立中学校長、神戸親和女子大、甲南女子大非常勤講師、加古川市人権教育指導員
# by oniwabann | 2008-08-29 15:34 | 人権 | Comments(0)
世界8カ国からシングル64名(本戦32名、予選32名)とダブルス16組が出場している、兵庫国際ジュニアテニストーナメントがビーンズドームで開催されています。
 日時:8月25日(水)~9月7日(日)  9:00~18:00
 ※日によって、試合開始時間、終了時間が異なっていますので、詳しくはビーンズドームへお問い合わせください。℡0794-85-8413  
 ⇒ トーナメント表と試合結果はこちらをご覧ください。
 ⇒ 兵庫国際ジュニアテニストーメントのホームページはこちらをご覧ください。
d0107394_147506.jpg

 世界8カ国(ペルー、フィリピン、北マリアナ諸島、台湾、アメリカ、韓国、ニューカドレニア、日本)のジュニア(13~18歳)が優勝めざして、シングルとダブルスのトーナメントを戦います。
d0107394_1482511.jpg

 身近でレベルの高い試合が観戦できるいい機会なので、ぜひ、ご覧ください。
 ※入場料、駐車場料金とも無料です。
d0107394_1483869.jpg
 
# by oniwabann | 2008-08-28 14:17 | スポーツ | Comments(0)
d0107394_13173031.jpg
↑8月28日午前7時ごろ吉川町稲田地区で撮影
 今年も日本一の酒米「山田錦」に花が咲きました。
 花をご覧いただけるのは、稲の穂が全て出るまでの短い期間(今週中)です。
 ※場所や田植えの時期によって異なります。
 この機会に、立ち止まってゆっくり山田錦の花をご覧ください。今まで気づかなかったことや新たな発見があるかもしれません。
# by oniwabann | 2008-08-28 13:17 | 山田錦物語 | Comments(0)
 初戦(対甲南大学)4-2で勝利!。おめでとうございます。
 ⇒ 試合速報は、こちらをご覧ください。

d0107394_1601448.jpg
↑明日からのリーグ戦に向け、練習に力が入る関西国際大学硬式野球部ナイン。 

 明日(8月28日)から、阪神大学野球連盟の秋季リーグ戦が始まります。
 チームの目標は、
 ①まずは、リーグ戦での4季連続優勝。
 ②そして、関西地区大学野球選手権大会に勝利し、明治神宮野球大会への出場。
 ③最終目標は、もちろん明治神宮大会で優勝し日本一になること。
 です。

 私たちの応援もチームの力となります、みんなで関西国際大学野球部応援しましょう。    

 秋季リーグ戦の日程と会場は次のとおりです。 

 8月28日(木) 10:00~ 対 甲南大学       吹田万博記念公園野球場
    29日(金) 12:30~ 対   〃             〃
 9月14日(日) 10:00~ 対 関西外国語大学  舞洲ベースボールスタジアム 
    15日(祝) 12:30~ 対   〃             〃
    19日(金) 12:30~ 対 帝塚山大学     吹田万博記念公園野球場
    20日(土) 10:00~ 対   〃             〃
10月 4日(土) 12:30~ 対 大阪体育大学    吹田万博記念公園野球場
     5日(日) 10:30~ 対   〃             〃          
    15日(水) 12:30~ 対 大阪産業大学    豊中ローズ球場 
    16日(木) 12:30~ 対   〃             〃

 ⇒ 関西国際大学硬式野球部のページはこちら
 ⇒ 阪神大学野球連盟のページはこちら

d0107394_161355.jpg
↑ラジオ収録の様子(三木市役所の会議室で収録しています)
 関西国際大学硬式野球部の樋口外野手(4回生)と福山主務(3回生)に出演していただきました。チームの目標や雰囲気、監督やコーチのこと、将来の夢など熱き想いを語っていただきましたので、ぜひおききください。
 放送日は、9月1日(月) 12:50~ チャンネルは、558MHz(ラジオ関西)です。
d0107394_1613126.jpg
↑主務である福山君の仕事風景
 「主務」、聞きなれない言葉だと思います。私も最近知ったばかりです。
 そこで、主務である福山君の仕事を紹介します。
 ・公式戦や練習試合(オープン戦)などのスケジュール調整
 ・部費や用具の管理
 ・お客さん(野球関係者など)の対応
 ・応援に来られた方の対応
 その他、多忙な毎日を送られているそうです。
 選手の皆さんにはもちろんですが、チームにかかせない縁の下の力持ちである主務の福山君にも頑張ってほしいと思います。

 頑張れ!関西国際大学、めざせ日本一!

 
# by oniwabann | 2008-08-27 18:17 | お知らせ | Comments(7)
d0107394_17321063.jpg

 本日(8月25日)、企業家精神を学ぶ科目「アントレプレナー」を選択する三木東高校の生徒がグリーンピア三木で”のこぎりクッキー”を販売されました。
d0107394_17335092.jpg
 
↑のこぎりクッキーの説明をしていただいた、吉岡社長(右側)と藤本秘書(右側)※役職名は、仮想会社「イースト・キャッツエージェンシー」での役職名です。
 三木市の特産である金物、その金物のひとつである鋸をクッキーにし、購入してもらうことで三木金物のPRとなり、さらに三木市の特産(金物・山田錦・自然)のカードを同封することにより三木市のPRとなります。
 食感は、サクサクして柔らかく、歯の悪い方にも食べやすくしました。刃の部分には、アーモンドやピスタチオ、くるみの塩味をアクセントとして入れることで、クッキーの甘さをひきたてています。鋸の柄の部分は、チョコ味にしていて違う味も楽しんでいただけるようにしています。
d0107394_17322479.jpg

 午前10時から販売を始め、午後2時には完売の大盛況でした。
 ※西神そごうでの販売も大盛況だったそうです。
 今後は、WEB(インターネットでの)販売や店頭での販売を企画されています。
 ※店頭販売については場所や日時がわかりしだい「ブログdeみっきぃ」に掲載します。
d0107394_17324711.jpg

↑写真左より吉岡社長、藤本秘書、上井COO(最高執行責任者)、長谷川CEO(最高経営責任者)、販売促進課の森本さん、地域広報課の山名さん、商品企画課の滝本さんと岡本さん)
d0107394_1734135.jpg

 
# by oniwabann | 2008-08-25 19:09 | こんなことありました | Comments(5)