兵庫県三木市の情報をどんどん発信!三木市役所職員JJによるブログ。


by oniwabann

カテゴリ:お知らせ( 867 )

 2月21日(日)も旧玉置家住宅に多くのお客さんにお越しいただきました。ありがとうございます。
d0107394_8574237.jpg
 この日は、午前11時から三木の郷土料理を研究されているエプロン三木さん手づくりの「街道弁当」が50食限定で販売されました。
 三木の食材をふんだんに使った豆腐ハンバーグ弁当(500円)。とってもおいしく、そしてヘルシー。 
d0107394_8575326.jpg
 次回は、3月14日に販売されます(限定50食)。メニューは、魚料理の予定。
d0107394_858466.jpg
 旧玉置住宅では、リニューアルオープンを記念し、3月28日までイベントを開催しています。

玉置さんのひいな合わせ
 2月27日(土)、28日(日) 10:00~16:00
 旧玉置家所蔵であった雛飾りのほか、三木市内各所で伝統的に受け継がれている雛飾りが旧玉置家住宅に集います。その他、会場内は大小さまざまな雛人形を展示し、手づくり雛人形のクラフト教室も開催します。また、茶席を設け、三木のおすすめスイーツも一緒にお楽しみいただけます。(ひな飾りの展示は3月14日まで)

 ⇒ リニューアルイベントなど詳しくは、こちらをご覧ください。 

旧玉置家住宅開館案内
 開館時間 10:00~16:00(毎週火曜休館)
 所在地   三木市本町2丁目
 問      三木市観光振興課 0794-82-2000
         三木市観光協会 0794-83-8400 
d0107394_9281948.gif

by oniwabann | 2010-02-24 09:29 | お知らせ | Comments(0)
 地球温暖化防止市民セミナー「新時代に入った温暖化防止対策」が2月28日(日)、三木市末広1丁目の市民活動センター(福祉会館)で開催され、三木市で潮流・海流発電の実用化に取り組む(有)ノヴァ研究所代表取締役の鈴木清美さんが、「自然エネルギー(潮流・海流発電)について」と題し講演されます。

 皆さん、地球の未来について考えましょう!

【講演1】
 「自然エネルギー(潮流・海流発電)について」
 講師 鈴木清美氏 (有)ノヴァ研究所 代表取締役 
【講演2】
 「新時代に入った地球温暖化防止対策 ~国際交渉、国・自治体の動向について~」
 講師 平岡俊一氏 龍谷大学地域人材・公共政策開発システムオープン・リサーチセンター博士研究員/気候ネトワーク客員研究員 

 参加費無料
 日時 2月28日 午後1時~3時30分
 会場 市民活動センター(福祉会館) 神戸電鉄三木駅から北東へ徒歩5分
 (セミナー会場までは、地球環境にやさしい公共交通機関を利用しましょう!)
 定員 先着100名 住所・氏名・電話(FAX)番号を明記のうえ、FAXで申し込んでください。
 
 問・申込 
 (県)北播磨県民局環境課 ℡0795-42-5111 FAX0795-42-7535

by oniwabann | 2010-02-22 10:29 | お知らせ | Comments(0)
 本日(2月19日)から三木市立掘光美術館(三木市上の丸)で開催されている企画展「春を告げるお雛さま」がテレビで放映されます。

 日時:2月21日(日) 18:00~
 番組名:日曜夕刊
 放送局:サンテレビ
 (放送日時等は変更になる場合があります。)
d0107394_11435082.jpg
 ↑昨年の様子

企画展「春を告げるお雛さま」 (入館無料)

 伝統古今雛や郷土雛、三木市在住のパッチワーク作家 二杉美津子さんによる創作雛も展示されています。    
  
 開催期間 2月19日~3月7日 (月曜休館)
 開館時間 10:00~17:00
 問:0794-82-9945 掘光美術館
d0107394_11584251.jpg

by oniwabann | 2010-02-19 12:00 | お知らせ | Comments(1)

たたらによる鉄づくり

 「鉄づくり」は、まる一日かけて粘土の炉を作ることから始まります。
 炉が出来上がると薪を燃やして乾燥し、その火だねの上に木炭を入れ風を送って炎を上げ、砂鉄を入れます。そして三日か四日の間、約30分ごとに砂鉄と木炭をかわるがわる炉の中に入れていきます。そうすると燃える木炭から一酸化炭素のガスが発生し砂鉄(磁鉄鉱といって鉄と酸素が化合した酸化鉄)から酸素が取り除かれて鉄になります。このことを還元作用といいます。
 「たたら」の操業は村下(むらげ)とよばれる技師(ぎし)長(ちょう)が中心になって進められます。村下は砂鉄を入れるかたわら炉の状況を観察し、燃え上がる炎の色によって作業の判断をしていきます。
 一回の操業のことを一代(ひとよ)とよび、この間に使う砂鉄の量が10~12トン、木炭は12~14トンという膨大なものです。そして炉から取り出された鉧(けら)(鉄と銅を含む大きな塊)が約2トン、この鉧(けら)を砕き割って選び出した玉鋼はわずか約800キログラムという少ない量です。
 労働が激しく不眠不休の大変な仕事で、しかも大量に生産できなかったため、取れた鉄はとても大切なものでした。そして人々は、このような「鉄づくり」のおかげで高い文化を発展させることが出来たのです。

                              
  三木市立金物資料館より
by oniwabann | 2010-02-18 08:56 | お知らせ | Comments(0)
 三木市立自由が丘公民館三木市立総合隣保館で活動されている「四半的(しはんまと)弓道」の練習風景がテレビで放送されます。

①日 時:2月1日(月) 18:10~19:00の間 
  番組名:ニュースKOBE発
  放送局:NHK総合

②日 時:2月2日(火) 11:30~12:00の間 
番組名:ぐるっと関西おひるまえ」
放送局:NHK総合
※放送日時等は変更になる場合があります。
d0107394_11555458.jpg
 的までの距離が4間半、弓と矢の長さが4尺5寸、的の直径が4寸5分であることから、四半的弓道と呼ばれているそうです。
d0107394_1264297.jpg
d0107394_1265587.jpg

by oniwabann | 2010-02-01 12:06 | お知らせ | Comments(0)
 ご存じですか?
 日本の「がん」による死亡者は年々増加し、3人に1人が「がん」で亡くなられています。

 「がん」ってなに?
 なぜ「がん検診」が必要なの?
 「がん」になると大変なの?
 どこで「がん検診」が受けられるの?
 
 など、がん健診を普及啓発するため研修会を開催します。(参加費無料)
 どなたでも参加できますので、お誘いあわせのうえお気軽にお越しください。 

「健康ひょうご21 県民運動」 
みんなで受けようがん検診 ~健診は愛する家族への贈り物~

 日時 平成22年1月28日(木) 19:00~21:00
 会場 三木市吉川健康福祉センター 2Fコミュニティホール(三木市吉川町大沢412)
 内容 (1)受けて安心がん検診 学んで実行がん検診
      講師:西脇市民病院内科診療局長 小出亮氏
     (2)「今!できること」 ~がん患者からのメッセージ~
      講師:ひょうごがん患者連絡会 伴智代氏
     (3)三木市のがん検診と現状について
      三木市健康増進課
     (4)がん検診推進委員の活動について
      加東健康福祉事務所地域保健課
 主催 吉川健康づくり推進員会主催研修会
 問い合わせ 0794-72-2210 吉川支所 健康福祉課 
by ONIWABANN | 2010-01-28 11:41 | お知らせ | Comments(0)
 三木市緑が丘町中1丁目にあるさんさんギャラリーオアシスでおとぎのくにのカメラやさんたちによる写真展「いのちのかがやく瞬間(とき)・彩色(いろ)」が開催されています。
d0107394_16162718.jpg
 開催期間 1月29日(金)まで 
 開館時間 9:00~17:00(最終日は、16時まで)
 休館日  水曜日
 問い合わせ 0794-87-2633 さんさんギャラリーオアシス

 さんさんギャラリーオアシスは、緑が丘サンロード商店街内、神戸電鉄緑が丘駅から南へ徒歩7分のところにあります。
d0107394_16163912.jpg
d0107394_16164886.jpg

by oniwabann | 2010-01-23 09:00 | お知らせ | Comments(0)
 明日(1月17日)は、三木市長選挙の投票日です。
 この選挙は、三木市の首長を決める大切なもので、私たちの清き1票は、暮らしを良くするための貴重な意思表示です。
 選挙公報などを通して、候補者の政見や抱負などをよく見、よく聴いて、悔いのない1票を投じましょう。
 なお、当日仕事などで選挙に行けない方は、期日前投票をご利用ください。
 
 ⇒ 期日前投票について 
 ⇒ 三木市長選挙について

 FMみっきぃ(76.1MHz)では、1月17日午後10時から「三木市長選挙開票速報」が放送されます。
 (FMみっきぃのホームページからインターネットでもお聞きいただけます。)

d0107394_11372339.jpg
 また、1月17日(日)の午前10時からは、三木市上の丸町の雲龍寺(細川侃ニ住職、0794-82-0740)で「別所公祥月命日法要」が別所公奉賛会(三木地区区長協議会)によりおこなわれます。
 本堂読経、詩歌朗詠、墓参の後にうどん会が予定されています。

 天正の世、当地を治めていた三木城主別所長治公は、天下統一の野望に燃える織田信長の命を受けた中国攻めの将、羽柴秀吉と戦いの火蓋を切りました。
 自然の要害を巧みに利用した三木城が堅固なうえに、城兵の士気も高く、難攻不落であると悟った秀吉は、力攻めをあきらめ、兵糧攻めに切り替えました。
 世にいう「三木の干殺し」の始まりです。
 この奇策に耐えた城兵たちは、牛馬や草の根はもちろんのこと、壁土に塗込められたワラをも食したといわれています。
 それから、1年10か月後の天正8年(1580年)長治公は、城兵たちの惨状を見るに忍びず、ついに自決して果て、三木城は開城しました。
 『別所公祥月命日法要』は、『別所公春まつり』とともに、三木地区区長協議会が提唱して結成された、『別所公奉賛会』が主催者となり、公を偲びその遺徳を讃えるため、法要を執り行っています。
 また、当日行われる「うどん会」は、当時の惨状を忍び、領民を思う公の遺志を後世に語り継ぐため、毎年1月17日に、公の首級が葬られている雲龍寺において、ワラに見立てたうどんを食べる伝統行事です。

d0107394_11461753.jpg
 さらに、1月17日(日)に三木市本町2丁目の大宮八幡宮で「鬼追い」が行われます。
 午前11時~、午後1時~、午後3時~の3回、親鬼と子鬼が厄除けの踊りを舞うほか、大鬼による餅つきや餅まきも行なわれます。
d0107394_11541982.jpg
 鬼追い式は、江戸時代の初め頃から月輪寺で、修正会(しゅしょうえ)追儺式として行なわれていましたが、昭和14年に中断されました。昭和38年に大宮八幡宮と月輪寺の協力で有志による三木鬼追い保存会が発足し、神仏習合の形で鬼追い式が復活しました。
月輪寺で祈祷を受けた鬼は文殊堂、不動尊を回向し、大宮八幡宮拝殿に参拝しご神火を松明に移し、鳥居石段上から松明を打ち振るい町と人々の安寧を祈願したのち、赤鬼、黒鬼の大鬼と子鬼の踊りが行なわれます。

350年の歴史を誇る三木鬼追いを続けていくため、保存会では、寄付金を募られています。会場である大宮八幡宮でも寄附できますので、よろしくお願いします。
 
by oniwabann | 2010-01-16 11:57 | お知らせ | Comments(2)
 投票日に、仕事やレジャー、冠婚葬祭などの理由で投票できない方は、投票日の前に期日前投票・不在者投票をすることができます。期日前投票は、投票所での投票と同様に、投票用紙を直接投票箱へ投入して投票します。ただし、宣誓書の記入が必要です。(印鑑不要)

 ⇒ 三木市長選挙について、詳しくはこちらをご覧ください。

期日前投票ができる方 期日前投票を行う日に選挙権がある方
不在者投票ができる方 投票日には20歳に達するが、期日前投票を行う日には20歳未満の方
投票期間 平成22年1月11日~16日(土曜、祝日も受け付けます。)
投票時間 午前8時30分~午後8時
投票場所
・期日前投票=三木市役所(5階中会議室)または三木市吉川支所(多目的室)
・不在者投票=三木市役所(5階選挙管理委員会)
必要なもの 投票所入場券 (届いていましたら持参ください。なくても投票できます。)

●出張などで長期不在のため市外の選挙管理委員会で投票する方へ
 あらかじめ(市)選挙管理委員会へ投票用紙を請求してください。

●病気などで入院・入所中の方へ
 指定施設 (不在者投票ができる施設として、都道府県の選挙管理委員会が指定)に入院・入所中の場合は、施設内で不在者投票ができます。手続きは、施設でお尋ねください。

問 三木市選挙管理委員会 0794-82-2000(代) 
by oniwabann | 2010-01-14 11:28 | お知らせ | Comments(0)
   テーマ「心の婚活」 
~魅力UPのためにあなたがこれから準備すること~

現在、婚活中またはこれから婚活をはじめようとしている女性の皆さん。
また、娘の結婚のことで心配されてるご両親や関係者の皆さん。
きっと何かヒントが見つかるしれません。
ぜひ、参加してみてください。


 日   時 平成22年2月7日(日)13:30~15:30 (受付13:00~)

 場   所 三木市総合保健福祉センター 2階研修室
        (三木市大塚1丁目6番40号)

 講   師 有限会社 幸プランニング
        代表取締役 長野ゆき子氏(パフォーマンスカウンセラー)

 対   象 独身女性およびその両親などの関係者(市内外は問いません。) 
        ただし、結婚を真剣に考えている方に限ります。

 募集人数 50名

 参加費   無料

 募集期限 2月5日(金)まで

 申込方法 電話・FAX・Eメールで受け付けます。
        名前・年齢・居住市町・結婚希望者との関係を記入のうえ、申し込みください。

 お問い合わせ・お申し込み
  みきで愛(出会い)サポートセンター 事務局
   〒673-0492 三木市上の丸町10番30号 三木市子育て支援課内
               TEL・FAX 0794-82-8833
                Eメール mikideai@city.miki.lg.jp
               ホームページ http://www.mikideai.jp/
by oniwabann | 2010-01-07 18:06 | お知らせ | Comments(0)