兵庫県三木市の情報をどんどん発信!三木市役所職員JJによるブログ。


by oniwabann

<   2019年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

d0107394_11463061.jpg

 三木市では、平成31年3月に策定した「三木市バス交通の見直し方針」に基づき、令和2年10月に北播磨総合医療センター方面行きバスの廃止を含めた見直しを行います。
 2019年度の1年間をバス利用の「効果検証期間」と位置付け、利用状況により、今後のバスの廃止を含めた存廃を判断します。
 維持・存続のため、バスの積極的な利用をお願いします。
    

▼問い合わせ
三木市交通政策課
0794-82-2000


by oniwabann | 2019-11-29 10:00 | お知らせ | Comments(0)

  先月、上下の歯を長時間くっつけるTCH(Teeth Contacting Habit)という癖によって引き起こされる、いろいろなお口の中のトラブルについて紹介しました。長時間歯を揺さぶり続けるTCHは、歯周病の進行を加速させ悪化させる因子になってしまいます。またTCHによって負荷をかけ続けられた顎の周囲の筋肉や顎の関節が疲労し、顎関節症を引き起こすことがわかってきました。
 TCHは自覚に乏しく、「自分はTCHはない」と主張する人が大半ですが、実際には現代人の多くに疑いがあります。一度唇を上下軽く接触して閉じ、上下の歯だけを離してみてください。その時に、口のあたりに違和感がある人はTCHのある可能性があります。TCHはパソコンやスマホの作業時間の長い人に多いと言われており、こういった情報端末を毎日長時間操作している現代人は、誰でもTCHの疑いがあるのです。
 TCHは日中の覚醒時の行動ですので、上下の歯を接触させないように意識して過ごすことを心がけましょう。もし接触していることに気付けば、その都度すぐやめるということを繰り返します。そして、その際に深呼吸をして肩の力まで脱力します。この行動を習慣づけるために、自分の周囲に「歯を離す」「力を抜く」などの張り紙をして気付かせるという方法も有効です。なお、夜間睡眠時の無意識下での歯ぎしりや食いしばり癖には、スプリントというマウスピース(保険適用)が効果的です。
 詳細は三木市歯科医師会に加入の歯科医院でお尋ねください。
    

▼問い合わせ
三木市歯科医師会
0794-86-1622


by oniwabann | 2019-11-28 10:00 | 健康 | Comments(0)

だれもが笑顔でくらせるように
 ぼくのおじいちゃんは、ぼくの家から車で十五分ほどの所に、今は一人でくらしています。おばあちゃんがなくなってしまってからは、家のことは全部一人でやっています。ぼくは、そのすがたを見ていて、とても大変そうだと思うのですが、おじいちゃんは決してそれを口にしません。ぼくが遊びに行くと、いつも必ず笑顔でむかえてくれます。
 そんなおじいちゃんですが、今年の冬に病気になってしまいました。病院へ行ったのですが、入院させてもらえず、おじいちゃんの家に二週間とまりこみで、お母さんとかん病をしました。
 春になって、おじいちゃんの体は元気になったけれど、車の運転免許証を返しました。毎日、車に乗って、大好きなしょうぎに行ったり、コーヒーを飲みに行ったり、ぼくを森林公園やイオン、本屋さんなどに連れて行ってくれたりしていたので、最近は少しさびしそうに見えます。
「もう、はる君を乗せていろいろな所に行ったられへんな」
と言われて、ぼくを連れて行く前に、おじいちゃん自身が行きたい時に、行きたい所に行きにくくなっていることに気がつきました。
 ぼくのおじいちゃんだけでなく、近所のおじいちゃんやおばあちゃんも、歩いて買い物に行ったり、なかなか来ないバスを待って、北はりま総合医りょうセンターに行ったりしています。それらを見ると、もっと高れい者の方が不自由なく、移動できる方法を作らないといけないと思います。例えば、お年よりの人は、バスに無料で乗ることができたり、バス停を増やしたり、電車やバスの本数を増やしたりすると良いのではないかと思います。また、バスの運ちんほどの値段で走ってくれるタクシーを作ることもアイデアの一つだと思います。そうなると、ぼくたちみたいにいなかに住んでいる子どもも、お母さんに車で送ってもらう必要がなくなり、もっと行きたい時に、行きたい所へ行けるようになると思います。
 四年生の時に、福祉について学習をし、世の中には、障がいのある方への様々な気づかいがあることを学びました。
「高れい者の方々への気づかいも、もっとあるべきだ」
というのが、ぼくの考えです。たくさんの人達へのサービスがじゅう実すると、もっともっと高れい者の人達も不自由なく自由にくらせるようになると思います。そうすれば、お年よりの方の人権がそん重されて、今よりもっと笑顔あふれる社会になると思います。
    

志染小学校5年 山内春樹


by oniwabann | 2019-11-27 10:00 | 人権 | Comments(0)

d0107394_11290580.png

 冬場の気象情報に要注意 水道管の破損を未然に防ぐために、厳しい冷え込み(気温がマイナス4℃以下)の予報が出たときには特に注意してください。
   
●凍結の予防策
・屋外に露出した水道管は市販の保温材で包むか、不要になったタオルや布で覆い、その上からビニールテープを巻く。
・低温注意報が発令された時は、蛇口から少量の水を流す(屋外型給湯器は、各メーカーで凍結の予防策が異なりますので、事前に取扱説明書を確認してください)。
●凍ってしまったら
・自然に解けるのを待つ。
・凍った部分にタオルをかぶせて、その上からぬるま湯をゆっくりかける(熱湯は破損の原因になるので使用しないでください)。
●破損してしまったら
・メーターボックスの中にある止水栓を閉める。
・修理は指定給水装置工事事業者へ依頼する。
    

▼問い合わせ
三木市水道業務課 営業係
☎0794-82-2000



by oniwabann | 2019-11-26 10:00 | お知らせ | Comments(0)

消費生活相談

d0107394_11272504.png

最近の相談から 
パソコンでインターネットを使用中に突然大きな警告音が鳴り、画面にウイルス感染の表示が現れた。表示されている連絡先に電話すると、セキュリティソフトの購入を勧められた。1年契約で38,000円、3年契約で56,000円、無期の契約で78,000円と不自然な日本語で説明された。対応者は外国の人だと思った。名前も住所も言っていないが、携帯電話からかけたので電話番号は知られたと思う。高額のため一旦考えると言って電話を切った。(50代 男性)
    
 表示された連絡先に電話すると、その場でカード決済を迫られる場合があります。後から解約したいと連絡してもつながらないことや返事がない事が多く、簡単に解約できません。
【アドバイス】
 事例のような警告画面は偽の表示である可能性が高いです。警告画面が表示されても、表示された事業者などに連絡をしないでください。
 困った時はすぐに消費生活センターに相談してください。
    

▼問い合わせ
三木市生活環境課
☎0794-82-2000



by oniwabann | 2019-11-25 10:00 | こんなことありました | Comments(0)

d0107394_15041938.jpg

 第8期介護保険事業計画(令和3~5年度)の策定に向けた基礎資料とするため、要介護(支援)認定を受けられる方の日頃の生活状況などをお尋ねします。調査へのご理解とご協力をお願いします。 
       

▼対象
在宅で生活している要介護(支援)認定を受けている方で、更新または区分変更申請に伴う認定調査を受ける方
▼調査期間 
令和元年11月~令和2年1月(予定)
▼調査方法 
認定調査員による聞き取り
    

▼問い合わせ
三木市介護保険課 保険給付係
電話0794-82-2000


by oniwabann | 2019-11-22 10:00 | お知らせ | Comments(0)

郵便局からのお知らせ

 2020年4月1日(水)から府内町に郵便番号を新たに設定します。
 郵便番号は、673-0416です。
 府内町の郵便番号として、以下の番号が使われていましたが、新たに設定するものです。
〒673-0415→府内の郵便番号
〒673-0400→郵便番号簿に掲載のない三木市の郵便番号

d0107394_15012226.jpg
    

▼問い合わせ
三木郵便局 
☎0794-82-0802 受付時間:平日9:00~17:00


by oniwabann | 2019-11-21 10:00 | お知らせ | Comments(0)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by oniwabann | 2019-11-20 10:00 | 健康
11月17日、市民活動センターでみきボランタリーフェスタ2019が開催されました。
ボランティア団体の出展ブースやステージイベントでにぎわったほか、まちづくりの集いでは表彰や講演会にたくさんの方が参加されました。
ボランティアの皆さまが積極的にイベントに参加され、より交流が深まったと感じています。
d0107394_15550080.jpg
d0107394_15552147.jpg
d0107394_15551427.jpg

by oniwabann | 2019-11-19 15:56 | こんなことありました | Comments(0)

d0107394_14573532.png

 社会において旧姓を使用しながら活動する方が増加している中、様々な活動の場面で旧姓を使用しやすくなるよう、住民票、印鑑証明書、マイナンバーカードに旧姓(旧氏)が令和元年11月5日から併記できるようになりました。  
      

▼申請方法 
旧氏が記載された戸籍謄本等、マイナンバーカード(通知カード)を持って、三木市役所3階市民課で申請してください。
     

▼問い合わせ
三木市市民課
0794-82-2000


by oniwabann | 2019-11-19 10:00 | お知らせ | Comments(0)